つらい太ももの冷えを改善して、健康的な生活を送ろう。

記事の著者:Siena編集部

太ももが冷えてくると、血行が悪くなります。全身が冷え、だるさや疲労感、頭痛、精神面の不調を引き起こすことも。太ももをしっかり温めて健康な生活を送りましょう。

太ももが冷たくなる原因は血行不良。太ももは他の部位よりも太い血管があるため、冷えが起こりやすい部位です。血液の循環が滞り、太ももに老廃物が蓄積され、結果として冷えてしまいます。

太ももが冷えることで、体の組織に十分な酸素が行き渡らなくなる可能性があり、足の冷えや疲労感という、血管の老化である動脈硬化の一歩手前の状況に。しっかりと早めに対応をして大事に至らないうちに治すようにしましょう。

骨盤の歪みが原因で太ももが冷えることも

骨盤が歪むことで、内臓の代謝に影響し、老廃物が溜まってしまうため、太ももが冷えることがあります。また、太ももが冷えることで、身体の血流が悪くなり、足を通して全身に冷えが広がってしまうことも。

血流を流すためにスクワットをしよう

太ももの冷えは血流が滞った結果。しっかりと流してあげる必要があります。おすすめの対処法はスクワット。スクワットは下半身全体を使った運動になるため、血流を促してくれます。スクワット20回のセットを2回おこなうことで、体が温まります。

骨盤の歪みを改善することで太ももの冷えも改善することが可能

骨盤の歪みを改善することで、太ももの冷えの改善につながります。治すためにはしっかりと骨盤を矯正する必要が。普段から姿勢を正すように意識し、整骨院などで骨盤の歪みを矯正することで、太ももの冷えを治すことができます。

20分以上、半身浴をしよう

血行を良くするおすすめの方法がお風呂にゆっくり浸かることです。全身の血流を促すことができ、冷えを解消することが可能に。注意点として20分以上、胸の上まで水位がこないようにしましょう。

体を温める食材を食べて、太ももの冷えの改善に

太ももの冷えは、普段からバランスの取れた食事をすることが重要。ハンバーガーなどのジャンクフードや偏った食事をしていると血流の流れは悪くなってしまい、冷えが進行してしまいます。日常の食事をバランスよく摂ることや、しっかりと体を温めるような生姜を含んだ料理などを摂取することで、冷えを改善することにつながります。