ラグビーを上達させるためのおすすめトレーニング法。柔軟性も大切。

記事の著者:Siena編集部

ラグビーといえば、身体のコンタクトが多く激しいスポーツです。どのようなトレーニングをおこなう必要があるのでしょうか?

筋肉が大きすぎると早く走ることができなかったり、怪我がしやすくなるというデメリットも。体力や素早さも求められるラグビーにとって、活躍するために柔軟性や細かな動きを身に付ける必要があります。

ラグビーを上達させるためのトレーニング

ラグビーでは体のコンタクトが多く、身体が丈夫でないといけません。ラグビー選手は、ベンチプレスやスクワットなどの筋トレを中心におこなっていますが、実際は、筋力のアップに加えて筋肉の柔軟性や使い方というのも大切。

坂道ダッシュ

走る速さが大事なラグビーにとって、坂道ダッシュは必須なトレーニングです。足が遅いとトライのために走っても捕まる可能性が高くなります。

坂道は負荷が大きく、とくにハムストリングスを効率よく鍛えることが可能。体力をつけることができ一石二鳥のトレーニングです。

ミニハードル

ラグビーではざまざまな方面で瞬発力というのがとても大事になります。そこでおすすめなのがミニハードルです。瞬発力は、相手にタックルするときやフェイントをかけるときに使います。

ミニハードルは、小さいハードルを置いてジャンプして超えていくトレーニングです。細かくジャンプをおこなうことで、足の筋肉全体の瞬発力を鍛えることができます。

ストレッチ

ストレッチをおこなうことで柔軟性をつけることが可能。

ラグビーは相手の身体と自分の身体がぶつかりあうため、怪我がつきものです。怪我をしないためには、身体と筋肉の柔軟性がとても大事になります。

柔軟性を付けるために、練習の前後にしっかりとストレッチをおこないましょう。練習前は、歩きながら足を上げたり、曲げたりする動きながらの動的ストレッチがおすすめ。練習後は静的ストレッチをおこないましょう。開脚の状態で体を前や後ろ、横などに倒して足を曲げてください。

スクラム体幹強化

ラグビーならではのトレーニング、スクラムの体幹強化。鍛えることで、タックルやスクラムなどのコンタクトのときに、相手に衝撃を与えることができます。身体の体幹をしっかりとつける必要があります。

2人1組でおこないます。1人がスクラム姿勢を取り、もう1人がさまざまな所から押すというトレーニングです。30秒間キープしましょう。できるだけ動かないように意識してください。