プロテインの日持ちはいつまで?保存には、水分が大敵。

記事の著者:Siena編集部

プロテインを買ったはいいけどなかなか減らず、何か月も置きっぱなしにしてしまっている人も多いはず。賞味期限を過ぎて利用しても、問題ないのでしょうか?

プロテインは、賞味期限内に使い切ってしまうのが理想。また、その期限が開封後のものなのか、未開封のものなのかは把握しておく必要があります。外国産のプロテインは、賞味期限が記載されていないという場合があるので注意しましょう。

賞味期限が切れても使うことはできる

賞味期限とは、その期間の味は保証しますが、それを超えて食べたときの味は保証しませんというもの。美味しくないないけれど、使えなくはないということです。そもそもプロテインは乾燥させたタンパク質なので、未開封の状態であれば、賞味期限が切れて1年たってもタンパク質の状態は変わらず、摂取することができます。ただし未開封であっても、ビタミンや脂質を含んだ商品は、それらの物質が酸化して壊れる場合も。

おいしく飲むためにも、基本的には早めに使いきることをおすすめします。

開封後は湿度を避けて保存する

未開封の状態であれば、保存状態や保存場所をそこまで気にする必要はありません。問題は開封後の保存方法。

開封後のプロテインは冷暗所に保存すること。湿度の高くならない状態で保存することが重要です。高温多湿になるような場所は、雑菌が繁殖したり、実際の賞味期限より早く傷んでしまうことがあります。密閉した容器に入れて保存しておかないと、ダニなどが繁殖することも。

プロテインは乾燥していれば腐らない

プロテインは、乾燥した状態で腐ることはありませんが、水分、酸素、温度の状態によっては腐る可能性があります。作り置きしたプロテインを暖かい部屋で1時間放置するだけでも、お腹を壊す可能性が。すでに作ってしまったものは冷蔵庫に入れておくことが重要です。

粉末状のものは冷蔵庫に入れておかないこと。冷蔵庫の中は意外と湿度が高いので、乾燥した粉末はどんどん水分を吸収してしまいます。さらに、納豆やキムチなど臭いが強いものの近くに置いてしまうと、プロテインに臭いがついて味が変化する場合も。

冷蔵庫で保存したい場合は、密閉した容器にプロテインと乾燥剤を入れて保存してください。また、常温に戻してから使うのがおすすめ。冷えて固まったまま水や牛乳と混ぜてしまうと、うまく混ざらず、だまになってしまいます。

また持ち歩くときは保冷のできる水筒を使うか、粉末の状態のものとそれを溶かす液体を入れた2本の水筒を持ち歩き、飲む直前に作るという方法が望ましいです。