スパとエステの違い:スパは健康を促進し、エステは美容効果を高める!

記事の著者:Siena編集部

スパかエステに行くとしたら、あなたはどちらを選びますか。旅行で海外に行き、癒しの時間としてスパやエステを受けるのが楽しみという方も少なくないでしょう。

今回は、スパとエステについてと、それぞれの施術の特徴について紹介します。

また、健康的な体に促し、美容整体も行っているからファファクトリーもおすすめです。

骨盤調整や小顔矯正や、シェイプコースなど、一人ひとりの症状や希望に合わせるために、様々な施術を行っています。

現在の身体の悩みに合うコースや近くの店舗検索が下のサイトで簡単にできるので、ぜひ利用してみてください。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)

スパは健康を促進する

スパという概念は1991年に米国で作られたもので、比較的その歴史は浅く、自然医学の流れから発達したものです。自然医学から派生したことから、健康を促進させるという意味合いが強い点が特徴になります。

International Spa Asociation(IPSA)によるスパの定義では、「スパは、心、身体、霊性の回復を促進するさまざまなプロフェッショナルなサービスを通じて、トータルな健康を促進するために寄与する」とされています。

スパでは、薬に頼らず人間の自己治癒力を高めることを重視しており、ホリスティックな(全人間的な)施術を受けられるのが魅力です。

施術を受けられる場所は、主に温泉などの保養地が多いので、足を運んだ際にはスパがないか確認してみましょう。

スパで受けられる施術

スパを行う人はセラピストと呼ばれており、主な施術には、薬草や漢方のオイルを使ったトリートメントや、マッサージ、足湯などがあります。

ほかには、アロマ精油を取り入れたアロマボディケアや、ヘッドセラピーなどもあり、これらの施術は主にスポーツクラブ、ホテルなどで行われる場合が多いです。

さらに、海外独特の手技、精油、生薬などを取り入れた施術があり、このほかにも多くの種類があります。

エステは美容を促進する

エステは、美しくなりたい、若々しくなりたいといった願望を叶えるためのものであり、1番の目的は美容です。

美の総合的なケアをを行う点がエステの特徴です。施術を受けられる場所は、温泉や保養地だけでなく、街中にもたくさんある点が魅力でしょう。

エステの施術

エステを行う人は、エステティシャンと呼ばれています。

エステには、顔全体のマッサージだけでなく、パックやマスクなどの化粧品も使って行われるフェイシャルエステを始め、さまざまな施術があるのが特徴。

ボディエステは、ダイエット目的などで利用されることも多く、リバウンドが少ない施術です。また、全身ケアをするトリートメントや、肌の調子を整えるスキンケアや、癒しを重視したリラクゼーションなどもあります。

また、体の気になるムダ毛を、電気、ワックス、レーザーなどで処理する脱毛もエステの1つです。

健康を重視するスパと、美容を重視するエステ

今回紹介したように、スパとエステでは、それぞれ重視するものが異なることがわかりました。

健康を重視するスパか、美容を重視するエステ、自分にあった方を選ぶようにしましょう。これを機に、ぜひスパやエステを受けてみるのはいかがでしょうか。