低気圧と肩こりの関係とは?溜まった水分を積極的に排出しよう。

記事の著者:Siena編集部

天気が悪い日は肩がこりやすいという人も多いはず。低気圧による肩こりにはどのような解決方法があるのでしょうか?

低気圧により湿度が高くなるという現象は人間の体調不良を引き起こす原因です。頭痛、肩こりのような軽度の症状から、喘息の発作、鬱病などの重度な症状まで引き起こす可能性もあります。

低気圧による湿度の変化が原因

低気圧とは、気圧の周りにある空気を引き寄せて、数百キロメートルほどの範囲の気流を収束することで起こる現象。多くの種類が存在する低気圧ですが、一般的に知られているのは、2つの気団による急激な温度差で生ずる温帯低気圧と海水の温度が高い海域で起きる上昇気流が原因で気圧が下がる熱帯低気圧です。

低気圧が近づくことで天候が悪くなり、気圧の変化による雨天と湿気の上昇が原因で、頭痛、肩こり、関節痛、古傷の再発などの症状が起こります。これらは低気圧の影響で湿度が高くなり、体に溜まった水分を排出することが難しくなるので、体内の機能が低下することが原因です。

水分を排出することが症状緩和につながる

低気圧による肩こり、頭痛、その他の不調は体内に溜まった水分を排出することで緩和できます。

食事で水分を摂取する

低気圧による体の不調は体内に水分が溜まることで起こる症状なので、効率良く水分を排出することが重要。水分を取ることは逆効果と勘違いされていますが、過剰に摂取するのではなく、少しずつ水分を取ることは尿意を促すことにつながります。体内に溜まっている水分を排出できるので、低気圧による体のダルさを軽減することが可能です。

水分を豊富に含んでいる食材を摂取することで、無理なく水分補給をおこなえます。代謝も上がるので、溜まった水分が汗となり老廃物と一緒に体外に排出されるのです。さらに水分を多く含むウリ科の野菜は、利尿作用が期待できます。また、体内の水分循環を促す働きのある豆類や食物繊維が豊富なきのこ類を食べるのも効果的です。

運動で水分を排出する

食事で十分な水分補給ができないという人には運動がおすすめ。運動することで代謝が高まり、汗をかいて無理なく水分を排出できます。低気圧の症状がでているということは、雨天の可能性が高く、野外で運動できない場合は自宅でストレッチをおこなうといいでしょう。

ストレッチに加えて足つぼマッサージもおこなうと効果アップ。水分は足に溜まりやすいので、足裏を揉んで水はけを良くしましょう。足の指をギュッと縮めたときにできるくぼみ部分にある湧泉(ゆうせん)というツボを押すと効果的です。

さらに、体が冷えることで体内に水分を溜めやすい環境を作るので、半身浴で体を温めて汗を流すという方法は誰でも簡単におこなえるのでおすすめです。