プロテインを飲むと腹痛になる。種類や飲み方を変えよう。

記事の著者:Siena編集部

プロテインを飲んで腹痛になった経験がある人は多いのではないでしょうか。日本人はとくに乳製品でお腹を壊しやすいと言われています。

せっかく鍛えたのに、プロテインを飲めないともったいない。プロテインの種類や飲み方を変えるだけで、腹痛を解決することができます。

プロテインを飲んで腹痛になる原因

プロテインを飲んで腹痛になる原因は原料や加工過程。原料は主に牛乳やチーズでそれらの余分な成分を除去して、たんぱく質を8割~9割配合させたものがホエイプロテインです。

プロテインは多くの種類がありますが、おそらくホエイプロテインが腹痛の原因。乳糖を含んでおり、日本人が化する能力が低い乳糖を含んでいます。赤ちゃんの頃は乳糖を分解する酵素が腸内に多く存在していますが、大人になるにつれ減少していき、消化できなくなってしまうのが腹痛の原因です。

また、乳糖ではなく、飲みすぎが原因のこともあります。飲みすぎると、腸内の悪玉菌が多くなるのでうまく消化吸収をおこなうことができないことも。

ほかにも、ソイプロテイン、エッグプロテイン、ビーフプロテインなどがありますが、体に合わなかったり、アレルギーなども腹痛の原因になります。

お腹を壊さない為の解決方法とは?

プロテインを飲んでお腹を壊さない為に、WPCではなくWPIのホエイプロテインがおすすめ。WPCはホエイプロテインのなかで乳糖を含む不純物が残っています。一方、WPIは乳糖もほとんど除去してあり、たんぱく質の含有量も90%と品質がかなり良いプロテインです。

その分値段は多少高くなりますが、腹痛になることは無くなるかもしれません。しかし、プロテインにはメーカーにより成分が異なるので、WPIでも腹痛になることがあります。自分にあったプロテインを選ぶことが重要。

添加物が原因のこともあるので、値段より質を優先したいなら無添加のプロテインを摂取するとお腹にもいいです。中には消化酵素が含まれているプロテインは、腸内環境を良くしてくれる働きがあります。

また、たんぱく質の摂取をプロテインに頼りすぎている人は食事から摂取することを心掛けてみてください。食事でしっかり摂取する事で腸の動きも活発にすることができます。

冷たい水や氷水でプロテインを飲んでいる人もお腹を壊しやすいです。トレーニング後は血流が鍛えた筋肉に集中するので、消化が悪くなります。トレーニング中は体温を上げすぎないために冷たい物で、トレーニング後は常温の水でプロテインを摂取することがおすすめ。