寝起きに腰痛を感じる原因とは?寝具が体に合っていない可能性も。

記事の著者:Siena編集部

寝起きに伸びをしたり、起き上がったりしたときに、腰にひどい痛みを感じて朝が辛いと感じる人は多くいるはず。

日中は症状がなくても、朝起きたときに突然痛くなったという経験をした人も多数います。寝起きにだけ腰痛が起きるのは、姿勢の悪さや寝具が合っていないなど、原因はさまざま。

自分の腰痛の原因に近いものを探り、改善に努めていきましょう。また、対処法を試しても良くならなかった場合は、きちんと医療機関を受診するようにしてください。

寝起きに腰痛が起こる3つの原因

朝起きたときに腰痛が起こる原因は、姿勢の悪さや寝具が合っていないなどの理由があげられます。

姿勢が悪い

日中、姿勢が崩れていると正しく筋肉が使うことができず、本来動いて伸縮する部分が動かないので、筋肉の一部分だけに負担がかかりやすい状態になります。

動かなくなった部分の血流は滞ってしまい、筋肉が固くなってしまうのです。それによって、腰痛が引き起こされてしまうことも。同じ姿勢を長時間続けることも腰痛の原因につながるので、デスクワークをしている人は普段から姿勢を意識するとともに、適度に体を動かすようにしましょう。

寝具が体に合っていない

寝具が体に合っていない場合、体に大きな負担がかかることもあるので注意が必要です。この状態が続くと、血液の循環が悪くなり、腰痛を引き起こしてしまうこともあります。

寝ているときは、起きているときよりも体温が下がりやすく、筋肉も冷えやすい状態。周りに物を置いたりせずに、寝返りを打てる環境で眠ることが大切です。

内臓が弱っている

夜寝ているあいだも、内臓は活発に活動しています。なかでも腎臓は夜に動いて、血液に蓄積した毒素を出してくれる働きをしているのです。内臓は疲労が溜まってくると、ほかの臓器や筋肉を引っ張るので、筋肉の疲労につながることも。

腎臓は腰の筋肉の近くにある臓器なので、なんらかの疾患がある場合、腰の筋肉が収縮して腰痛を引き起こすことがあります。痛みがひどい場合や改善しないときは、病院に行きましょう。

また、油ものばかり食べていたり、寝る直前まで食べていると、内臓にたくさんの負担がかかってしまうので気をつけてください。

寝起きの腰痛が起こったときの対処法

寝起きに腰痛が起こった場合は、慌てずに冷静に対処することが大切です。

痛みのない姿勢に切り替え、安静にする

腰痛が起こってしまったら、まずは安静にすることが重要です。自分なりに楽な姿勢を見つけ、そのままゆっくりと呼吸を続けましょう。

痛みが引くまで、しばらく体を止めたままにし、痛みが治まってきたらゆっくりと体を動かしてください。

急に起き上がらない

寝ているあいだに固まってしまった筋肉を急に動かすことは危険。たとえ腰痛になっていないとしても、あらかじめ静かに体を動かすことが大切です。

起き上がるときには、ゆっくりと寝返りを打ってから、横向きになって手をついて体を起こすようにしてください。起き上がる前に体を伸ばしてストレッチをするのも、腰痛を防ぐのに効果的です。

寝起きの腰痛を防ぐ3つの生活習慣

そもそも、寝起きに腰痛が起こるのには、生活習慣の悪さが影響している可能性も。自分のライフスタイルを見直し、改善していきましょう。

体のゆがみを改善し、血液の循環を良くしよう

体がゆがんでいると、血液の流れが悪くなり、腰痛が引き起こされてしまう場合があります。これを防ぐために、姿勢の悪さを改善して血流を良くしましょう。

普段から長時間同じ姿勢をしないように心がけたり、同じ方向ばかり向いて寝ないように気をつけることが大切。寝る前や目覚めたときに簡単なストレッチをおこなうようにすると、筋肉の緊張がほぐれやすくなるのでおすすめです。

寝具を見直してみる

寝ている時間は寝返りはするものの、同じ姿勢をずっと続けることになります。体に合っていない寝具を使うことは、姿勢を崩してしまう原因になり危険。リラックスした状態で眠れる寝具を使って、良質な睡眠を心掛けましょう。

ベッドを丸ごと取り換えるほどのお金の余裕も気力もないという人は、まずは枕などの小物から見直してみてください。

規則正しい食事を心がける

寝起きの腰痛は、内臓の疾患によって引き起こされている場合もあります。消化器系の内臓が活発に働く夜中に、内蔵に負担をかけすぎないようにしましょう。

寝る2時間前には食事を終えるなど、規則正しい時間に食事をとったり、脂っこいもの食べ過ぎて内臓に負担をかけたりしないようにすると、腰痛が改善する場合があります。

それでもなかなか腰痛が改善しない場合は、病院に行ってしっかりと診察してもらうようにしてください。