冬場の汗の臭いはアポクリン腺が原因だった。食生活を変えて臭い対策。

記事の著者:Siena編集部

気温が低くなると次第に汗のケアをしなくなる人も多いでしょう。冬にかく汗は、きちんと対策をしなければ夏にかく汗よりも臭ってしまいます。

汗の種類には2種類あって、全身にある汗腺がエクリン腺で、陰部や脇の下に集中してあるのがアポクリン腺です。エクリン腺の汗は水に近く臭わないのですが、アポクリン腺からでる汗は、タンパク質やミネラルなどが含まれているのでとても臭います。特にわき毛の濃い人はアポクリン腺から出た汗がわき毛に付着して臭うと言われています。

臭いの原因はアポクリン腺

夏場の汗は体温が高くなるとでる温熱性発汗で、全身のエクリン腺からでる汗なので臭いがしないのが特徴。しかし冬の汗は、温熱性発汗が少なくなる一方で、緊張からでる精神性発汗が多くなります。精神性発汗はアポクリン腺からでる汗で、濃度が高く臭いの強い汗なのです。自分の臭いが気になり始めると、そのストレスで増々アポクリン腺からの汗をかきやすくなり、臭いが強くなってくることも。では一体どのように対策したら良いのでしょうか?

生活習慣を変えてエクリン腺からの汗をたくさんかく

肉食をすると腸内でアンモニアの成分が生成され、汗となってでる体臭が強くなります。ですから肉よりも魚、また野菜の多い食生活に変えていくことが臭い汗を少なくする対策につながります。

有酸素運動も取り入れて積極的に汗をかく習慣をつけることも重要です。汗をかかない生活に慣れると、汗腺の機能が衰えてエクリン腺の汗が出にくくなる一方で、アポクリン腺からの汗が出て体臭を強くしてしまいます。

制汗クリームで臭い対策

夏場の暑い気温のときよく使われる制汗スプレーを使うことも対策の1つですが、冬はスプレーだとヒヤッとしてしまいます。そこで空気が乾燥している冬には肌荒れも防いでくれるクリームタイプの制汗剤が良いでしょう。足の臭い専用のタイプもあるので、靴下やタイツなどを履く前に塗っておくと心強いです。

消臭効果のあるインナーで汗対策

冬の衣類は汗ジミが付くとクリーニングも大変。冬用のインナーには汗キャッチパッドが付いているものや抗菌・防臭効果のあるものを利用しましょう。

寒さ対策は上に厚手の衣類を着ることも良いですが、薄着を何枚も重ね着すると、服と服の間に空気層ができ、温かさが維持できて汗ジミも気になりません。洗濯も手軽にできるのがメリットです。

冬水をたくさん飲むことが汗の臭い対策

夏は汗をたくさんかいたり脱水症を防ぐために水をたくさん飲みますが、冬は汗もかかないのでつい水分摂取を怠りがち。冬の水分不足は汗を濃くしてしまう原因になります。利尿作用の高いコーヒーやお茶、紅茶などを飲むとトイレに行く回数が増え、体内の水分が足りなくなって汗が濃くなり、臭いの原因になります。

冬こそ汗対策をしてストレスのない生活を送る

冬は汗をかく感覚があまりないため、汗対策を怠ってしまいがち。とくに汗の臭いが気になる人は、冬こそ汗対策をして、ストレス軽減させたいものです。汗によるストレスがなくなれば、仕事にも集中でき、人との付き合いも臭いを気にすることなくスムーズできるようになります。