ゴルフで疲れる原因とは?プレーするときのコツと疲労解消法を知ろう。

記事の著者:Siena編集部

激しく動くスポーツじゃないのに、ゴルフをしたあとなかなか疲れが取れない、という悩みを抱えている人は多いはず。

接待や遊びなど、ゴルフをする場面はさまざま。レッスンをおこなう教室なども増え、日常的にプレーする機会が多くなったという人もたくさんいるはずです。

しかしその一方で、プレーをしたあとの疲れに悩まされるケースも増えてきています。ゴルフの疲れは、筋肉量と柔軟性などの肉体的な疲れと、集中したことによる精神的な疲れの2パターンがあるのです。自分が悩まされているのはどちらの疲れかをチェックし、適切に対処していきましょう。

ゴルフによる疲労の原因

ゴルフは個人競技ですが、バドミントンのシングルやテニスのシングルのように、コートを走りまわるわけではありません。それにも関わらず、疲れてしまう原因を知りましょう。

筋肉と柔軟性が必要

ゴルフには、ショットの際の正しいフォームというものが存在します。腰の回転運動が必須。インナーマッスルが重要で、腰回りと肩回りの筋力と柔軟性が大切です。

普段ほとんど使わない筋肉を使うため、激しい運動でないにも関わらず、体が疲労してしまうのです。

集中力と頭を使うスポーツ

基本的にスポーツでも頭を使うものですが、そのなかでもゴルフは、ほかのスポーツよりも思考力が必要です。

また、高い集中力も大事。ゴルフの中継でも、観客が選手の集中力を乱さないように、静かに観戦している様子が見られます。頭を使う・集中力が要求されると言うことは、カロリー消費量の高い脳を酷使するということ。

ゴルフをプレイすると言うことは肉体的だけではなく、精神的な負担が大きいと言えるのです。

疲れずにゴルフをするコツ

自分の疲れが肉体的かなものか、精神的なものかを判断し適切に対処していきましょう。

正しいフォームを身に着ける

正しいフォームでプレイすると、余計な力を入れずに済みます。必要な筋肉だけを使うので、疲労を軽減することができます。

自分のフォームがどのようになっているのか分からないという人は、客観的にチェックするために、スイングの際は自分を動画で撮影してみるのがおすすめです。

必要な筋肉を鍛える

ゴルフに使う筋肉を鍛えることで、疲労を軽減することが可能です。スイングの際に必要な、肩甲下筋(けんこうかきん)や腹横筋(ふくおうきん)、骨盤底筋群(こつばんてきんぐん)などのインナーマッスルを鍛えましょう。

とくに腹横筋は、腰を回すときに重要な筋肉。ゴルフが疲れる原因の1つは、普段使っていない筋肉を使うということでもあるため、この3つの筋肉を鍛えることがゴルフによる疲労を軽減することにつながります。

また、筋肉を鍛える際、日常の正しい姿勢を心がけるということも重要です。姿勢を矯正したことがある人なら分かると思いますが、実は歪んだ姿勢を正しい姿勢にしてさらにそれを維持するだけで筋肉痛が起こります。正しい姿勢にすることでインナーマッスルを効率よく鍛えることが可能なのです。

さらに、コースを歩き回ることが当たり前なので、下半身の強化に努めることも重要であることも忘れてはいけません。エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用したり、早朝にウォーキングしたりして、下半身の強化を意識しましょう。

甘いものを食べながらプレーする

ゴルフの際の集中力を維持するためには脳が消費する糖分を適宜補給することが重要です。飴やチョコなどを合間に食べるようにしましょう。

また、バナナはさまざまなスポーツで栄養補給に採用されるなど、高い栄養価を持つフルーツ。脳だけでなく、全身のスタミナの維持にも効果的です。これらの食べものが苦手な場合は、自分の嗜好に合わせて摂取しましょう。

練習し過ぎない

疲れを溜めないためには、練習をしすぎないことが大切。

たとえば日曜日にゴルフに行くとして、土曜に何百回にも及ぶフルスイングの練習をすることは、確実に翌日のパフォーマンスに影響します。具体的には、練習し過ぎによる筋肉痛が起きる可能性があるのです。

そうでなくても体を動かせば糖分が消費されるため、日曜のゴルフが糖分が足りない状態で始まる可能性もでてきます。筋肉が回復するには2日かかると言われているため、前日の練習は軽い確認に留めておくべきです。

ゴルフのあとの疲労解消方法は?

ゴルフはプレーするとなるとほぼ1日がかりになります。帰宅後は、しっかりと食事と入浴をすることが大切です。

入浴のときは、シャワーではなくきっちりとお湯につかることが重要。温度は37℃くらいを目安に、冬であっても40℃を超えないようにリラックスできる温度で浸かりましょう。

人間の体は、寒い場合は発熱し、温かい場合は放熱する仕組みができています。この仕組みにエネルギーを割かれてしまわないように、リラックスして疲労を回復することを目的としている場合は、人肌の温度に近い37℃くらいでつかるのがちょうどいいのです。

食事は炭水化物は程々に、ダメージを受けた筋肉の回復のために肉類や魚、卵などからたんぱく質を積極的に摂るようにしてください。