腸活とは?ダイエットや便秘、精神的にも良い効果を発揮する。

記事の著者:Siena編集部

風邪を引きやすい、便秘でお腹が張ってつらい、気分が落ちこみ気味で何をやるのもおっくうに感じる、そんな細かい不調はストレスのもと。それらは腸活によって改善できるかもしれません。


腸活とは、腸にとって良い習慣や食生活を送ることで、腸が元気に活動できる状態を維持することです。腸は脳からの指示がなくても独自の判断で活動できる優秀な臓器。病気から体を守る免疫力を腸だけで7割以上担っています。健康でいるためには腸を元気な状態にしておくことが必須です。

腸を労わり、時々休ませる

腸活は、腸を休ませたり、腸に刺激を与えすぎないようにすることが重要。また、腸内の善玉菌を意識した食生活も効果的です。

善玉菌が喜ぶ食事を心がける

納豆やキムチ、ぬか漬けなどの発酵食品は腸内細菌である善玉菌のえさになります。しょうゆ、味噌、塩こうじといった発酵調味料も同じです。ハチミツやオリゴ糖、食物繊維などは腸内環境の改善に役立ちます。

発酵食品を毎日の食事でバランスよく摂ることを心がけることが大切です。

ファスティングで腸を休ませる

ファスティングとは断食のこと。断食をすることで腸を休ませ、本来の自然治癒力を取り戻すことができます。いきなり断食はハードルが高いと感じるかもしれませんが、週1日や18時間だけの断食方法もあります。自分が取り組みやすい方法で試してみるといいかもしれません。

お腹を冷やす食べ物を避ける

お腹を冷やす食べ物や飲み物はできるだけ避けたほうが無難です。冷たいものをとると腸の動きが鈍くなり、本来の働きができなくなります。なるべく温かいものか常温のものを口にするように意識しましょう。

筋トレやヨガで弱った筋肉を鍛える

食べたものを腸内で移動させるぜん動運動や、便を肛門から押し出す運動はどちらも筋肉によっておこなわれています。腸の筋力低下が原因で便秘に悩ませられることも。お腹周りを鍛える筋トレをおこなったり、自律神経を整えてインナーマッスルを鍛えるヨガをするのも効果的です。

腸活でスタイルアップ、気分も高まる

腸活はさまざまな効果をもたらします。また、それらの効果は腸機能の改善に止まらず、精神的にも良い効果を発揮するのがポイント。

便秘改善

腸内環境を改善すれば便秘に悩まされることも減ります。便通が良くなり老廃物が体から排出されることで、肌荒れやむくみが減るなど美容にも効果バツグン。

免疫力アップで病気に強い体になる

腸が免疫力を高めてくれるのは腸内細菌の働きによるもの。腸内細菌には大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3種類の菌が存在しています。善玉菌が元気な状態を保っていれば日和見菌も善玉菌の味方になり、悪玉菌の活動は弱まります。すると、免疫力が高まり病気にかかりにくくなるのです。

ダイエット効果

便秘改善や腸内環境が善玉菌優位の状態になると、代謝が良くなり、太りにくい体になります。加えてウォーキングやエクササイズなどの運動をおこなうとより効果的。

精神的に安定する

腸内環境が悪いと脳にストレスが伝達され、イライラしたり不安な気持ちになります。また、脳がストレスを感じた場合、それが腸に伝達されて腹痛や下痢を引き起こすこともあるのです。このように脳と腸はお互いに影響し合っています。腸内環境を良い状態保っておけば、脳と腸でストレスを伝達し合うことが減り、精神的に安定した状態を維持できるのです。