お灸に効果的なツボとは?じんわり温めて、コリや疲れを解消しよう。

記事の著者:Siena編集部

お灸は、肩こりや冷え性などさまざまな体の不調を改善できる優れもの。興味はあるけど、使い方がわからなくて迷っているという人も多いはずです。

お灸は、人のカラダに点在するツボにもぐさを置き、火をつけて、ツボをあたためることで血行を改善するというもの。自然治癒力を高めて、体におこっている症状を改善します。その歴史は古く、2000年以上も前から、さまざまな病の治療法として用いられています。

また、お灸は熱い、火傷しやすくて怖いなどのイメージを持つ人も多いはず。しかし現在では、初めての人でも簡単に安心して使えるお灸が増え、ドラックストアなどで多く売られています。

家庭でお灸をするときのポイント

体質や症状、お灸を据える場所によって、方法や熱さを使い分けることが大切です。

お灸とは、ヨモギの葉を乾燥させたモグサに火をつけて使うものを指し、直接皮膚に置くと刺激が強い直接灸と、皮膚との間に隙間を作ることで熱が少し落ち着いた間接灸に分かれています。自分の体質に合ったものを選びましょう。

お灸は据えるツボによって効果が変わってきます。しかし、初心者ではツボを見つけるのはなかなか難しいもの。ネットでツボの位置を調べたり、鍼灸師の先生にサインペンなどでツボの目印をつけてもらうなど、何度か確認しながらお灸を据えましょう。

また、お灸は毎日据えればいいというわけではありません。毎日続けることで、だるさや発熱を起こしてしまう場合も。このような症状を灸あたりといいます。体が落ち着いたらまた据え始めるなどして、自分の体調に合わせて長く使っていくことが大切です。

お灸を据えると効果的なツボ

肩井(けんせい)、関元(かんげん)、湧泉(ゆうせん)は、比較的見つけやすく、さまざまな効果が得られるツボ。まずはこういった簡単なツボから試してみましょう。

肩井(けんせい)

乳頭から真上に手をすり上げていき、肩の1番高いところを押したとき、痛みを感じるところです。

主な効果は、肩コリや首のコリ、目や耳の疲れ、頭痛や歯痛、寝違えなど。このツボは全身の血行を改善してくれるので、冷え性の方にも効果的です。肩井は両肩の左右どちらにもあるので、両方にお灸を据えることをおすすめします。

関元(かんげん)

人差し指から小指まで4本の指を揃えて、人差し指をヘソのところにおいて小指が当たっているところです。

関元には下腹部を温め、頻尿などの尿に関する症状や、女性特有の症状の改善に効果があるといわれています。また、関元は足腰が弱くなったり、情緒が不安定になるなど、加齢が原因の症状を抑えるときにもおすすめのツボです。

湧泉(ゆうせん)

足でグーをしようとしたときに、足の裏の1番へこんでいる部分。足の裏を3等分して、ちょうど足の指のところから始めて最初の3分の1のところにあります。

湧泉の主な効果は、首のコリをほぐして、頭の血行を促進して、身体のだるさや疲れを取ってくれること。また、湧泉は足の冷えや不眠にも効果があるとされています。