代謝を上げる運動とは?楽しく運動することが1番大切。

記事の著者:Siena編集部

身体を引き締めること、健康に痩せること、体型をキープすることは、多くの女性の願い。その願いを叶えるには代謝を上げることが大切です。

我慢して食事量を減らす女性も少なくありませんが、無理なダイエットはリバウンドを引き起こしてしまいます。以前より太ってしまったことを後悔することに。基礎代謝を上げることで、リバウンドしない体になれます。

代謝を上げる運動とは?

人間が生きていくために最低限必要なエネルギーを基礎代謝と言います。この基礎代謝量が多いと、摂取したエネルギーを多く消費するので、太りにくい体質になることが可能。

基礎代謝を上げるためには、筋肉量を増やすことが1番です。筋肉量を増やすためには運動が欠かせません。運動には、有酸素運動と無酸素運動の2種類あります。有酸素運動は、弱い負荷を継続的に筋肉にかけることによって、エネルギー源である脂肪を燃焼する運動。一方無酸素運動は、強い負荷をかけておこない筋肉量を増やすので、代謝を上げることが可能。しかし、無酸素運動は、つらく疲労が溜まりやすいのが欠点です。

楽に代謝を高める運動のコツ

子供のころは、時間が経つのを忘れて遊んでいました。かなりハードな運動量にも関わらず、疲労感が感じられなかったのは楽しかったから。年齢を重ねても楽しいときは時間が経つのが速く感じられるもの。楽しみながら運動する、遊びながら運動することが最大のコツです。

遊びながらの運動には、ゲーム感覚で楽しめる運動を取り入れることが1番。球技などは、ジャンプやダッシュなど無酸素運動が必要ですし、仲間がいるとより楽しく続けられます。

効率的に代謝をあげられる運動3つ

自分の好きなことを見つけ、楽しんで運動することが、代謝を上げることに繋がります。自分に合ったスポーツで、身体を引き締めましょう。

卓球

卓球は有酸素運動と無酸素運動を同時におこなえるスポーツ。ボールを打ち返すときには反復横跳びのような瞬発力で、身体全体を瞬間的に動かすので、筋肉への負担もほどよいと言えます。社員の健康向上のため、卓球台をオフィスに設置している職場も増えているとか。また、ボール拾いのときにも身体を動かすことになりますので、まさに無駄のない球技です。

アスレチックコース

大自然の中で運動できるアスレチックコース。自分の筋肉と頭脳を使ってマイペースで運動ができます。コースを進んでいるときには楽しくて気付いていませんが、腕力や脚力をかなり使っているはず。

難関コースをクリアした翌日には筋肉痛になっているので、ストレッチをお忘れなく。最近では大人向けのアスレチックコースも増えてきているので、おすすめ。どんな足場を辿ればいいかなど、自分の頭で考えて運動するので楽しいこと間違いなしです。

登山

大自然の中で楽しめる運動と言えば登山。登山の消費カロリーはハーフマラソンに負けません。登山するときは危ない山に登らないようにし、必要に応じて専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。