ボディメイクの良し悪しに直結。意外と知られていないジム前後の食事の重要性。

記事の著者:Siena編集部

毎日のようにジムへ通っているのに、まったく痩せる気配がないと悩んでいる人はジム前後の食事に問題があるかもしれません。運動をおこなう前とおこなった後の食事は、ボディメイクの良し悪しに直結します。ジム通いでダイエットを成功させたいなら、もう一度食事内容を見直してみましょう。

ジムに通いながら食事制限をすると脂肪が溜まりやすくなる?

ジムでどれだけハードなトレーニングをおこなっても一向に体重が落ちない場合、トレーニングそのものではなく、他のスケジュールに問題点が潜んでいます。とくにジムへ通いながら食事制限をおこなっている場合、疲労によって基礎代謝がダウンしている可能性があります。

短期間ダイエットで体重を一気に減らそうとして、炭水化物をカットしたり、断食・ファスティングダイエットを行なっていると体は飢餓状態に陥ってしまい、少ない栄養素の中から効率的にエネルギーを吸収しようと働き始めます。つまり体が脂肪を溜め込みやすい状態になっているのです。この状態で食事を摂ると、せっかくの運動も無駄になってしまいます。

また、筋トレなどの激しい無酸素運動をおこなったあとは、筋肉を修復するために材料となるタンパク質が必須となります。食べすぎはもちろんNGですが、極端な食事制限は逆効果になってしまうことを覚えておきましょう。

炭水化物が効果的?ジム前に摂取すべきもの

ジムへ行く前には吸収しやすい炭水化物を摂取しておきましょう。空腹の状態で運動したほうが脂肪をカロリーとして燃焼しやすいという論調もありますが、これは大きな間違いです。

空腹状態で運動をおこなうと、一旦血糖値が大幅に下がったあと、今度は急上昇してめまいやだるさ、強烈な疲労感が襲ってきます。加えて、運動後の空腹感が強まってしまうため、次の食事で食べ過ぎてしまう可能性が高まります。

ジムへ行く1時間前なら、おにぎりなどの複合炭水化物、30分前なら消化吸収しやすいバナナやゼリーがおすすめ。

タンパク質と野菜が重要。ジム後に摂取すべきもの

ジムへ行った後の食事は、タンパク質と野菜をしっかりと摂るように心がけましょう。とくにタンパク質は筋トレで傷ついた筋肉を修復するために必要な栄養素です。ヘルシーなタンパク質として豆腐もおすすめの食材ですが、豆腐だけで食事を済ませるのはやめておいたほうがよいでしょう。

運動後の体には鉄分も必要。運動で体に負荷をかけると体内の赤血球が壊れやすくなり、貧血や頭痛、不眠などの症状があらわれることがあります。鉄分はレバー、もしくはマグロやカツオといった赤身の魚に多く含まれている栄養素。また、ほうれん草、小松菜などの青野菜にも含まれています。他には梅干しや柑橘系のフルーツに含まれているクエン酸も疲労回復の栄養素としておすすめの食材です。

摂取すると、体内に溜まった乳酸を排出しやすくなり、体のだるさを緩和する・筋肉痛を予防するといった効果を得ることができます。