夜型生活リズムのダイエット法とは?酵素と成長ホルモンがダイエット成功の鍵。

記事の著者:Siena編集部

仕事や家庭の都合上、夜型生活を変えられないという人も多いはず。夜型生活リズムの人はどのような方法でダイエットをすると効果的なのでしょうか?

夜型生活リズムの人は、食事を摂る時間が遅くなりがち。特に夜の10時から夜中の2時の間に食事を摂った場合、脂肪として蓄積されてしまう確率は上がります。

夜型生活の肥満の原因は、体内時計の管理をしているBMAL1(ビーマルワン)という物質に関係があります。BMAL1は人間の身体の1日のリズムを管理していて、BMAL1が多いと食べたものが脂肪となって蓄積されやすくなるのです。BMAL1が最も少なくなる時間帯は午後3時頃で、夜中は最大になります。そのため夜10時過ぎに食事を摂ると肥満の原因になると言われているのです。

夜型生活リズムの食事によるダイエット法

夜型生活の人でも、適切なダイエット方法で痩せることはできます。まずは食事の質から変えていきましょう。生野菜を先に食べるようにすると、酵素の吸収率が高まり、ダイエットにより効果的です。

生野菜で酵素を補給

生野菜に含まれる酵素には食べたものを栄養に変える働きや、代謝を上げて脂肪をエネルギーに変えてくれる働き、血液をサラサラにしてくれる働きなどがあります。また、生野菜の中には加熱すると酵素を破壊してしまうものも。例えば、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツや芽キャベツは、生で食べると酵素の効果が最大限に発揮され、加熱すると酵素が破壊されてしまいます。

タンパク質豊富な赤身肉で脂肪燃焼

深夜にご飯や麺類などの炭水化物を食べてしまうと、脂肪が蓄積されやすいです。代わりにタンパク質の多く含まれる赤身肉を食べて、お腹を満たしましょう。赤身肉には脂肪を燃焼させる効果のあるL-カルニチンが多く含まれるので、ダイエット効果のアップします。

味付けは薄味に

塩辛いものはナトリウムが多く含まれており、身体に水分をため込んで、むくみの原因になります。味付けは薄めのほうがダイエットに効果的。どうしても物足りないという人はスパイスなどを取り入れてみましょう。レモンを数滴たらしても味に変化がでて満足感が得られます。

質の良い睡眠は体脂肪を燃やす体づくりのカギ

睡眠もダイエットには欠かせない要素の1つ。睡眠中は体脂肪を燃やす成長ホルモンが分泌される大事な時間です。夜勤明けの人はどうしても寝過ごしてしまいがちですが、過度の昼寝は夜の不眠症の原因になります。不眠症は体のリズムを壊し、成長ホルモンの働きを妨げ、体脂肪を蓄積させます。辛くても昼前には起きるようにしましょう。