顔ヨガとは。小顔効果や脳の活性化など嬉しい効果がたくさん。

記事の著者:Siena編集部

現在全国でおこなわれているヨガにはたくさんの種類があります。一般的によく聞くものから珍しいものまで実に様々。顔ヨガを知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回、まだあまり馴染みのない顔ヨガについて紹介していきます。顔ヨガの効果についても同時に紹介するので、気になった人はぜひ試してみてください。

顔ヨガとは

顔ヨガとはフェイシャルヨガとも呼ばれ、通常よく知られているヨガとは違い、顔を使っておこなう、顔の表情筋を鍛えることを目的としたヨガです。

顔にはおおよそ60種類もの表情筋と呼ばれる筋肉が存在しており、これらの筋肉を使って私たちは日々笑ったり、怒ったり、悲しんだりと様々な表情を使って相手とコミュニケーションを取っています。この表情筋鍛えてよりしなやかな筋肉を作っていくことを目的としたのが顔ヨガです。

顔ヨガは身体全体を使っていくものではなく、色んな表情を作るという誰にでも簡単な動作なので、続けやすく、1日たった3分間で顔の変化を感じることができます。動くのが苦手な人でも気軽に始められるヨガだといえるでしょう。

顔ヨガの効果

顔ヨガには様々な効果があります。

小顔効果

 
顔の表情筋を動かすことで顔の脂肪が燃焼して小顔効果が期待されます。これは女性にとってはとても嬉しい効果です。

顔も身体の他の場所と同じで脂肪がつきます。それらの脂肪は、筋肉を使わないと燃焼しません。顔には多くの筋肉があるため動かしていくことで燃焼効果がより大きくなるのです。

そして顔は他の身体の部分に比べて筋肉が付きやすいため効果の実感が早いのも嬉しいポイント。

むくみやたるみなどのお肌の悩みの解決

日々同じ表情筋しかつかっていないと筋肉が固まってしまいリンパや血液の流れが滞ってしまいます。

すると顔がむくんでしまったり、筋肉が衰えてたるんでしまうことにつながるでしょう。また、顔のくすみや目の下のクマなどの肌トラブルも引き起こしてしまいます。

表情筋をしっかりと使うことで、まんべんなく顔を動かしてリンパや血液の流れをスムーズにし、顔のリフトアップや美肌の効果、新陳代謝アップまで期待できるでしょう。

脳の活性化

表情筋は脳に一番近い筋肉です。この筋肉を使うことで脳のトレーニングにも効果あり。顔ヨガでは顔や脳の血液の流れを促進するため、脳に酸素や栄養が十分に行き渡り、脳の機能を活性化していきます。

顔ヨガは身体に与える効果だけでなく人に与える印象にも影響を与えます。人の見た目は9割ともいわれているとおり、第一印象はコミュニケーションをとるうえでとても重要。

顔の表情がそのまま人に与える印象になるだけではなく、表情が自分の第一印象を決め、相手にどう思われるかを決定させるツールにもなりうるということです。

顔ヨガは道具も場所もいらない手軽におこなえるので、ぜひ生活に取り入れてください。