顔ヨガとは?1日3分、小顔になれるポーズを実践してみよう。

記事の著者:Siena編集部

顔ヨガは小顔や美肌、むくみ解消といった、美容に関するさまざまな悩みを解消していくことができます。顔にはおよそ60種類もの表情筋が存在しています。鍛えることでよりしなやかな筋肉を作り、美容効果を得ることができるのはもちろん、表情を豊かにしていくことができるため、印象の良い顔になっていきます。

女性に嬉しい効果がたくさん得られる顔ヨガには、一体どのようなポーズがあるのでしょうか?

ポーズの前に、まずは顔ヨガの効果について知っていきましょう。

顔ヨガとは?

顔ヨガとはフェイシャルヨガとも呼ばれ、顔の表情筋を鍛えることを目的としたヨガ。色んな表情を作ることで顔の筋肉へ刺激を与えていきます。

続けやすく、1日たった3分間を1週間程度おこなうだけで、顔の変化を感じることができます。また、時間帯を問わずおこなえるので、時間が空いたときに気軽にできるというメリットも。

顔ヨガの効果って?

表情筋を動かすことで血流が良くなり、脂肪させることが可能に。小顔効果はもちろん、血流が良くなることで顔色も良くなるのがポイント。顔は体に比べて筋肉が付きやすいため、効果の実感が早いというメリットもあります。

また、筋肉が使われないとリンパや血液の流れが滞ってしまい、顔のむくみの原因に。それだけでなく、くすみやくまといった肌トラブルのもとにもなってしまいます。表情筋をしっかりと使うことで、リンパや血液の流れをスムーズにし、顔のリフトアップや美肌の効果、新陳代謝のアップも期待できます。

また表情筋は、脳に1番近い筋肉。きちんと使うことで脳のトレーニングにもなります。表情筋を刺激すると、顔や脳の血液の流れを促進するため、脳に酸素や栄養が十分に行き渡るようになり、脳機能を活性化していくこともできるのです。

おすすめ顔ヨガポーズ

いくつかある顔ヨガのポーズから、ほうれい線や小顔、むくみ解消に効果が期待できるものを集めています。ポイントは、正しい姿勢でおこなう、鏡を見ながら練習する、呼吸はゆっくりとおこなうことの3つ。空いた時間に試してみて。

ほうれい線プレスポーズ

唇を閉じたまま口の中で舌を回し、ほうれい線のある部分を内側から圧をかけるように刺激していきます。右回しを3回、左回しを3回おこないましょう。2セット程度がおすすめ。

ほうれい線のシワが気になる人にぴったりの顔ヨガ。ほうれい線を舌で押すことで、シワを解消していくことができます。

おだんごロックポーズ

上の歯がしっかりと見えるように、頬を持ち上げます。笑っているようなイメージで。親指と人差し指でOKサインのような輪を作り、頬の高い位置に添え、持ち上げるようにして10秒キープしましょう。そのまま指を離しても持ち上げた頬が下がらないように10秒キープさせます。これを2〜3回程度繰り返しましょう。

リフトアップさせた頬を形状記憶させます。あごをすっきりさせたい人、小顔になりたい人におすすめ。

あっかんべーポーズ

顔は正面に向けたまま、目線だけ天井へ。舌を下に向けて出しながら、息を吐きます。吐き切ったら舌を戻して、鼻から息を吸ってください。3〜5回程度繰り返しおこないます。

舌を根元から伸ばすことがポイント。内臓に刺激が伝わっていきます。デトックス効果があるため、むくみ解消はもちろん、美肌などの期待も。