指ヨガとは。誰でも簡単、リラックス効果やダイエット効果あり。

記事の著者:Siena編集部

現在、多くのヨガの種類が存在しています。一般的に知られているハタヨガやアシュタンガヨガなど、ゆったりと動くものから激しく動くものまで運動量も様々です。

今回はあまり聞き慣れない指ヨガについて紹介します。指ヨガの特徴だけでなく、効果についても詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

指ヨガとは

指ヨガとは手のひら・甲、指を揉んだり、刺激したりすることで脳のストレスを緩和させ心と身体のバランスを整えるヨガのこと。通常のヨガに近い効果をもたらし、身体の不調の改善をおこないます。

ヨガ指導者の龍村修さんが高麗手指鍼の相関図をもとに、30年のヨガ経験で培った実績と融合させて編み出した指ヨガ。指ヨガは慢性的な身体の不調である肩こり、腰痛、頭痛、ストレスなどに効果的であり、東洋医学では手・足・耳というひとまとまりの場所や部分には身体全身の情報があるといわれています。

指ヨガとハンドマッサージにはどのような違いがあるのでしょうか。大きく違うのが指ヨガは呼吸法を用いておこなうということです。呼吸法とともに手指を刺激することで、身体のなかの気の流れが良くなり、心と身体のバランスが整い本来の私たちがあるべき姿に近づくでしょう。

指ヨガの特徴

ここでは指ヨガの特徴を紹介します。

誰でも気軽におこなえる

通常の身体を動かすヨガとは異なり、手のひらや指だけを使っておこなうものなので高齢の人や身体が動かせない人でも実践可能です。場所や時間関係なくおこなえるというところも、普段仕事や家事、育児で忙しい人たちにとっては嬉しい魅力といえます。

身体の不調を改善する

誰もが自分の身体に何かしらの不調を持っています。代表的なものが腰痛、肩こり、頭痛など。もはや国民病といってもよいくらい、若い人や高齢者までもが症状を抱えています。

それに加えて女性に多いのが冷え性やむくみや便秘。なぜなら女性はホルモンの関係上自律神経が乱れがちだからです。

そしてストレスの多い現代、ストレスからくる不眠症や不安、うつなどが増えてきています。

これらは心と身体のバランスが崩れたり、身体が歪んでしまっているために発症することが多いです。手のひらには足の裏と同様に身体の機能と関わりが深い部分が多くあるため、指ヨガでしっかりとほぐすことで、通常のヨガと同様に身体の歪みを取り、身体の不調を改善していくことができるでしょう。

リラックス効果

手指を動かすことで脳の血流を刺激することで脳の機能を活性化させます。すると脳内のセロトニンの分泌が盛んになるため自律神経のバランスが整い、ストレスが和らぐことで、不安や不眠が改善される仕組みです。

ダイエット効果

指ヨガをおこなうことで筋肉や関節の柔軟性が高まり、身体の歪みの改善につながります。その結果姿勢も良くなるでしょう。

また、手指を動かすことで全身の流れがスムーズになり新陳代謝がアップ。身体の循環が良くなるとむくみや冷え性が改善され、ダイエット効果につながります。

誰でも簡単におこなえる指ヨガ、みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。