ダイエットに仲間は必要?1人よりも効果的という実験も

記事の著者:Siena編集部

ダイエットは、1人で地道におこなうのは大変だけど、同じ目標を持つ仲間がいれば頑張れる、という人もいるのではないでしょうか。ダイエットを1人でおこなうのと友人や知人といった仲間と一緒におこなうのとでは、どちらが効果的か、成功しやすいかといった点をご紹介します。

人によって違いはありますが、実は研究者の間では、確実に痩せて成功率を上げるためにはダイエットのための仲間を作り、励まし合いながらおこなうことが良いとされています。実際の実験で、1人単独でのダイエットとグループを組んでダイエットに取り組んだ結果、グループを組みダイエットした人の方が、約8倍も体重が減少したのです。

ただ、競争し合うのが苦手とか人にあまり知られたくないといった諸事情もあるでしょうから、人によっては1人でおこなう方がよい場合もあります。いつも三日坊主で終わってしまう人や、友達と共有するのが好きな人は、仲間とダイエットに取り組む方が向いているでしょう。

1人では達成できなかったダイエットも、思った以上の結果につながるかもしれません。

ダイエット仲間の見つけ方

ダイエットを一緒にする仲間はどのように探すのが良いのでしょうか。

まずは友達から

まずは、気の合う友達にダイエット宣言をし、誘ってみることから始めてみましょう。元々友達なので一緒に励まし合えますし、定期的に合いお互いの見た目の変化などもチェックし合えます。

職場の人を誘ってみる

友達ほどではありまえんが、頻繁に合う職場の人を仲間にするのも良いでしょう。少し距離があるからこその指摘やアドバイスももらえるかもしれません。

ジムに通って誘う

スポーツジムでは、目的は違うにせよ全員が体のことを考えています。中でもダイエットのために通っている人も少なくないはず。

気の合いそうな人に話しかけて仲間になってもらうのも良いでしょう。さぼりがちなジム通いも積極的になり、ダイエットの効果も早く出る可能性も高くなります。

ランニングコースで探す

有酸素運動のためにジョギングやウォーキングなどをしている人は、同じ時間に同じコースで見かける人に話しかけてみるのも良いかもしれません。意外に相手も同じ目的で、お互い気になっていたということもあるでしょう。

SNSで仲間になる

今の時代、ネットにはたくさんの人が参加しているので、気の合う人も見つけやすいかもしれません。また、顔も見えない分、本音で話せたり、お互い言いにくいことも指摘し合えるという利点もあります。その反面、どこのだれか知らない分、個人情報の流出には注意が必要です。

ちなみに、ダイエット仲間募集の掲示板には、掲示板みくるやダイエット日記.comなどがあり、mixiコミュニティーやTwitterでも仲間を作ることができます。

同じ目的の仲間を作って、励まし合い、ダイエットしましょう。

ダイエット仲間の注意点

ダイエット仲間を作ることで、気持ちの支えになったり、お互い励まし合えるのが利点ですが、逆に嫉妬の感情が芽生える可能性もあります。

自分はどんどん痩せているのに相手の友人が停滞期だったりすると素直に喜ばず、妬みに近い言葉をかけたり足を引っ張ったりということもあるので、負の感情に引っ張られないよう注意しましょう。