朝食を抜くのはNG?ダイエットに効果的な朝食とは

記事の著者:Siena編集部

ダイエットするなら朝食を抜いた方が効果的だと考えがちですが、朝食を抜いたためにかえって太ってしまうということもあるので、注意が必要です。

朝食を抜くと、その分空腹になるのが早く昼食を摂り過ぎたりして、かえって太ってしまいます。また、夜寝ている間に体温は下がるのですが、朝食を摂ることで体温を上げて新陳代謝を上げ、脳を活発にしてくれるので、1日の始まりには朝食を食べた方がダイエットだけでなくメリットが出るのです。

朝食抜きで1日2食になると、空腹の状態が長くなり、結果血糖値が上がってしまって、脂肪を溜めやすくなる体になってしまうので、ダイエットするなら逆効果になってしまいます。

ダイエットにおすすめの朝食は?

朝食に摂ると良いのは、糖質とタンパク質です。ご飯とみそ汁という昔ながらの朝食は、実は代謝を上げるのにみそ汁の大豆が役立ち、ご飯のタンパク質がエネルギーとなります。みそ汁にバリエーションをつけて、食物繊維の多い野菜やキノコ類などを入れると、毎日飽きずに食べることができるでしょう。

朝がパン食派の人は、菓子パンなどではなく、全粒粉のパンがおすすめ。菓子パンや白い食パンなどは、糖分も脂肪分も多く、腹持ちも悪いのでおすすめできません。併せてスクランブルエッグなど卵や野菜と一緒に摂ると良いでしょう。

和食もパンも食べれないという人には、ヨーグルトがおすすめです。ヨーグルトにスライスした玉ねぎを入れ、冷蔵庫で1晩置いて食べると、食物繊維も一緒に摂れて腸内環境も整え、便秘解消・美肌にも良く栄養も摂れます。

家で食べる余裕がない人におすすめのコンビニ朝ごはん

朝、家で食べる暇がないという人も多いのではないでしょうかはず。そんな人には、コンビニで買える朝ごはんから始めましょう。

サンドイッチ

パンであるなら菓子パンは避け、野菜や卵、ハムやチーズなどをはさんだミックスサンドがおすすめです。一緒に野菜ジュースを飲むとなお良いでしょう。食物繊維が多く入った野菜ジュースは、腸内環境を整え、美容に良く栄養も摂れます。

納豆巻き

みそ汁の大豆を摂りたいところですが、時間が無い人には同じく大豆の納豆巻きがおすすめ。納豆の中のビタミンB1は、摂取した炭水化物を効果的にエネルギーに変え、代謝が上がります。

おにぎり+サラダ

おにぎりだけだと炭水化物だけになり、栄養も偏るので、一緒にサラダも食べましょう。食物繊維を摂り、腸内環境を整え、代謝を上げることで朝から仕事のはかどりも変わります。

お昼ご飯にも言えることですが、時間が無いからといっておにぎりだけにすると栄養も偏り、お腹も早く空いてしまうので、ダイエットにはかえって良くないです。

どれもに共通しますが、できればみそ汁をもう1品加える方が良いので、朝ごはんを家で食べられる余裕をもって起きるよう心掛けしましょう。