音楽が睡眠に与える効果とは?スローテンポで歌詞のない音楽が最適。

記事の著者:Siena編集部

音の種類や音量、聴くタイミングによっては、音楽で安眠効果が得られると言われています。リラクゼーションや癒しが期待できる音楽を上手く生活に取り入れ、快適な眠りを手に入れましょう。

音楽が睡眠に与える効果は、α波と呼ばれる脳波が発生することに起因しています。α波は脳をリラックスした状態に導いてくれるので、快眠に効果的。寝つきが悪い、眠りが浅い、といった日々の眠りに関する悩みを緩和することができます。

安眠効果が期待できるリラクゼーション音楽

睡眠の助長や質の向上のために音楽を取り入れる場合、どのようなジャンルの音楽を聴くと効果的なのでしょうか?選び方を間違えると、反対に睡眠を妨げてしまうこともあるので注意しましょう。

睡眠の助長や質の向上には、スローテンポで静かな曲調の音楽を選択することが重要。一般的に睡眠に良いとされている音楽の種類は、静かな曲調のクラシックや、単調なヒーリングミュージックです。自分がゆったりと落ち着いた気分になれる音楽を選ぶようにしましょう。

音楽ではありませんが、川のせせらぎ音や波の音など、自然界の音にも癒し効果があると言われています。自然の音を集めたCDを聴いてみてください。

また、寝る前に歌詞のある音楽は避けましょう。神経を集中させる原因となり、脳を活性化させる恐れがあるため、快眠にふさわしいジャンルではないからです。

睡眠時にリラクゼーション音楽を聴くときのポイント

曲調やジャンル選びに気をつけて音楽を取り入れることだけではなく、聴き始めるタイミングも重要です。

就寝直前に音楽をかけ始め、眠りが深くなったところで音楽をストップさせるのが最適とされています。リラックスや癒しの効果があるとはいえ、睡眠中に音楽をかけ続けると常に脳へ刺激を与えることになり、眠りが浅くなるなど、睡眠の質を低下させてしまう危険があるからです。

さらに、長時間音楽を聴き続けることで、耳の音を感じ取る有毛細胞が傷つき、音が聞こえづらくなっていく、ヘッドホン難聴になる危険性も。

音量はやや小さめにする、プレーヤーのタイマー機能を使い、音楽が睡眠の途中で止まるようセットしておくなどして、音の刺激を受ける時間帯を制限するように心掛けましょう。