体が冷えてしまうのは血行のせい?症状と体温を上げる方法を紹介。

記事の著者:Siena編集部

人間は体温を一定に保とうとする恒温動物の一種です。血流量の増減や汗をかくことにより体温を一定に保つことができます。ですが、汗をかかなければ、体の血液の流れが悪くなり、冷えにつながってしまいます。

現代人は、さまざまな理由によりその体温を調節する機能が衰え、冷えを感じる人が増えています。冷えの対策には原因と改善法を知ることが大切です。

冷えを治したいなら血行をしよう

女性の7割、男性の3人に1人は感じているという冷え性。

冷え性の原因にはさまざまありますが、冷えたいものばかり飲食すると、血液の流れが遅くなってしまいます。また、面倒だからと、お風呂でシャワーだけで済ませている人も要注意です。血流を悪くし、新陳代謝が衰えてしまいます。

無理のない範囲のダイエットは健康にも良いですが、過度なダイエットは冷え性のもと。熱を発する役割を持つ筋肉が一気に減ることにより、体温が上がりにくくなってしまうのです。そのため、運動不足も筋肉を減らすことになってしまいます。

また過度のエアコン使用も禁物。室内外の気温差が大きいと、体温を調節する自律神経が正常に働かなくなってしまいます。ストレスや不規則な生活も自律神経に影響を与えるので気をつけましょう。

最後に、食べ過ぎも厳禁です。とくに高カロリー、高脂肪の物を食べ過ぎると、消化するために血液が胃腸に集まります。そのために熱生産量の多い筋肉や他の器官に本来行くべき血液がいかなくなり、機能しなくなってしまいます。

冷えからくる不調の症状と改善法

冷え性を引き起こす症状はたくさんありますが、そのなかでも多くの人が悩んでいる症状をピックアップ。どれか1つでも当てはまった場合は、冷え性の可能性があると言えます。

肩こり、腰痛

仕事中など同じ姿勢を長時間の続けることにより、筋肉が緊張し、血管を圧迫、血流を悪くし、老廃物を排出できず、慢性的なこりや痛みの原因となります。肩こり、腰痛が慢性化することによって、血流の流れが悪化し、冷え性を引き起こします。

改善法としては、まず患部を自分に合った方法で温めることが有効。また、エアコンの効きすぎた部屋に長時間いる場合は、着脱しやすいカーディガンを羽織ったり、膝掛けなどをして、体を冷さないにする工夫が必要です。

胃腸の不調

冷えで血行が悪くなると、胃腸の働きが低下し、胃もたれ、胃痛、下痢、便秘などの症状を引き起こします。その改善には、体温より温かい飲み物、ほうじ茶や生姜湯などを飲む、または体を温め発汗作用のある食べ物、ネギ、ニラ、生姜、ニンニクなどを積極的に採るのもおすすめ。また、腹巻きや湯タンポなど外から温めることも併用すると、より効果的です。

不眠

冷え性でない人の場合、眠りに入るとき、手足の皮膚温が上昇し熱が放出されることによって、深部の体温が下がり、深い眠りにつきます。手足がいつまでも冷たい状態が続くと、深い眠りにつけず、質の良い眠りが得られません。寝る前にお風呂に入り、その際しっかり湯船に浸かり、体の芯から温めることが大切です。それにより、リラックス効果も得られます。

むくみ、太りやすい

冷えは万病のもと、とも言われています。冷えの原因である筋肉量の不足によって血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物や余分な水分が排出されず、体内に溜め込まれむくんでしまいます。また、脂肪を分解する酵素の働き低下の原因にも。

改善するためには、筋肉量を増やすことが大事。いきなりハードな運動は体にダメージを与えてしまう場合があるので、まずは軽い運動から始めるのがおすすめ。洗濯物を干す際に、スクワットや屈伸運動をしてみるなど、日常生活に取り入れられるものから始めてみるといいでしょう。