腸をデトックスするとは?プチ断食やマッサージでダイエット効果も。

記事の著者:Siena編集部

腸は近年、研究が進み第2の脳と呼ばれるほど健康面から精神面まで重要な役割を担っていることがわかってきています。腸をデトックスするとは具体的にどういうメリットがあるのでしょうか?

気をつけていないと日頃の食事や生活習慣などによって、腸の働きが悪くなってしまうことも。弱っている腸を本来の元気な状態を取り戻すために必要になるのがデトックスです。

腸のデトックスとは腸内環境を改善すること

デトックスというのは体のなかに溜まってしまった有害な毒素を体外に出すこと。ダイエットの場合の具体的なデトックス方法は、入浴することとデトックス効果の高い食べ物を食べることが知られています。

腸のデトックスの基本的な考え方は、腸内環境を正常化させることです。食事に気を使ったり、マッサージや適度な運動などをおこなっていくことで腸内環境を改善していくことが可能。

腸のデトックスのメリット

腸のデトックスをおこなうメリットはさまざま。その中で一番効果を感じられるのは、お通じが良くなることです。

便秘とは、体の中に老廃物を溜め込んでいる状態。それを解消することは腸だけでなく体全体にプラスの影響を与えます。たとえば免疫力がアップするので、肌荒れや冷え性の改善、病気やアレルギー症状の予防と緩和に効果的です。

また、善玉菌が増えると痩せ菌と呼ばれる脂肪を蓄積するのを防ぐ菌が増えて、肥満予防にもなります。

腸のデトックスでおすすめの4つの方法

プチ断食や腸ヨガなど、簡単に取り入れられるものばかり。できることから試してみましょう。

“プロバイオティクス”を積極的に取り入れて腸内細菌を元気にする

プロバイオティクスとは腸内細菌の働きを良くする生きた微生物のこと。ヨーグルトや乳酸菌を含んだ飲料、味噌や納豆といった発酵食品がプロバイオティクスを含んだ食品です。

これらを日々の食事で積極的に摂ることで、善玉菌の活動が活発になり腸内環境が整います。食べるだけで腸のデトックスになるという一番手軽な方法ですので、まずはこちらから試してみるのが良いでしょう。

プチ断食”ファスティング”で元気な腸を取り戻す

いわゆる断食です。断食と言っても週末だけ何も食べないようにしている人もいれば、1日1食だけにする方法もあったりとやり方はいろいろあります。

ファスティングの効果は食事量を制限して空腹時の時間を増やすことで、疲れていた腸が元気になることです。食べないことでエネルギーとして脂肪が燃やされてダイエット効果も期待できるので、体重が気になる人には特におすすめの方法かもしれません。

テレビでも話題になった”腸ヨガ”で筋トレとデトックスのダブル効果

ヨガの中でも腸に良く効くポーズを実践することを腸ヨガと言います。夜はネコのポーズとバッタのジャンプ、朝はマーメイトとヨットのポーズをするのが定番になっています。

ヨガには自律神経を整えて体の内側の筋肉を鍛える効果があります。腸ヨガから始めて、慣れてきたら本格的にヨガに挑戦してみるのもおすすめです。

ながら”腸もみマッサージ”で腸が元気、ポッコリお腹もスッキリ

腸もみマッサージとは腹部を自分の手でマッサージすること。腸もみマッサージをすることで血行促進やリラックス効果による食べ過ぎ予防、腰周りがスッキリするなどデトックス+ダイエットにも効果があります。

1~3分間程度、わき腹や下腹部など自分が心地よいと思える程度の強さでもみほぐしましょう。入浴時や入浴後におこなうのが効果的と言われていますが、継続しておこなうことが大切。テレビを見ながらといった何かの空き時間を使い、毎日無理なく続けましょう。

マッサージをするときは食後1時間は避けること、妊娠中や産前産後の人にはおすすめできません。