効果的な足湯の方法。足を温めて、手軽にリラックスしよう。

記事の著者:Siena編集部

足湯といえば、温泉地や大規模な温泉施設で利用する、というイメージを持っている人は多いはずですが、自宅でやってみるのもおすすめ。

足は第2の心臓と言われてるくらい、血流にとって大事な部位。足の血液が滞ってしまうと、冷えにも繋がります。服を脱がずに足だけ入れることができるので、ちょっとした時間にも入りやすいのがポイント。スキマ時間に足湯を取り入れて、足先から健康を目指してみてください。

足湯は手軽にできるのがポイント

足湯をすることによって、血行やリンパの流れが良くなります。そのため、むくみの解消、免疫力・新陳代謝のアップに効果的。入浴時と同じくらいのリラックス効果もあり、イライラや不安で緊張していた脳を休ませてくれるので、質の良い睡眠がとれます。

足だけでも、全身が温まるので、冷えによる生理痛が緩和することも。生理中にだるくてお風呂に入る元気がないときでも、足湯をしてみるのがおすすめです。

ほかにも、関節の痛みに効果的。足腰の関節が痛くて湯船につかるのがつらいという人は、足湯で体をリラックスさせましょう。

効果的に足湯をするコツ

足湯をするときは、可能ならば、洗面器よりもふくらはぎまで入るサイズのフットバスを準備しましょう。だいたい10リットルはお湯が入るものがおすすめ。温度計・足し湯用にお湯の入ったポット・足拭き用タオル・水分補給用の常温の水を準備してください。

温度は40℃くらいが適温です。人によって温度は若干前後しますが、あまり熱すぎるとリラックスどころではなくなるので、温度には気をつけてください。これに、だいたい15~20分ほどつかりましょう。長く入るからといって効果が高まるものでもありません。長く入って体が疲れてしまうこともあるので、じんわり汗ばむくらいが適当です。

終わったらタオルで足をしっかり拭いて、水分補給をおこなってください。このときに、せっかく温めた体を冷やさないように、常温の水等で水分を補給しましょう。

頻度は、その日の気分や状態によりますが、1日1回、毎日つかるくらいがちょうど良いです。土日や休日などの時間がある日は、朝昼晩1回ずつおこなって、よりリラックスしてみましょう。

時間・タイミングにもとくに決まりはありませんが、朝にリフレッシュして元気を出したいという人は、熱めのお湯で足湯をおこない、夜寝る前にリラックスしたいという人は、寝る1時間くらい前に40℃ほどのお湯で足湯をおこなってください。

よりリラックスしたい人は、お気に入りのアロマを足したり、バスソルトを入れたりして、お気に入りの足湯の方法を見つけてみましょう。