運動とダイエットの関係。運動もして、リバウンドしない体づくりを。

記事の著者:Siena編集部

ダイエットをしていると言っても、食事制限ばかりおこなって運動をしていないという人は多いはず。できることなら、運動をしないで食事制限だけで痩せたいものです。

サラダを食べ、炭水化物を控えるというダイエットをしている人も多いでしょう。しかし、実はこのようなダイエットには危険が潜んでいるのです。ただただ食べないダイエットよりも、運動も合わせて計画的におこなうことで、効率的に痩せることができるかもしれません。

運動とダイエットの関係とは?

ダイエットを成功させるには、運動が絶対と言っていいほど重要です。痩せるためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くしなければいけません。そのため、エネルギーは常に普段より少ない状態をキープすることが必要。

エネルギーが枯渇しているということは、脂肪や筋肉を分解して足りていない分を補おうとするので、代謝が低下しやすくなります。運動をおこなわなければ筋肉も過剰に落ち、リバウンドしやすい体になってしまうことも。

リバウンドを避けるには、運動をおこない、脂肪を燃焼させ、なるべく筋肉量を維持することがポイントです。しかし、運動といっても有酸素運動ばかりをするのではなく、筋力を必要とする動作をすることも大切。

筋量を維持するためには、無酸素運動の筋トレと、脂肪燃焼のための有酸素運動の両方をおこないましょう。健康に、リバウンドしにくい体を手に入れることができます。

ダイエットにおすすめの運動5選

ダイエットの運動はとりあえずおこなったからと言って、効果が現れるものではなく、適切な運動をおこなったことにより、初めて効果を実感できます。そんなダイエットにおすすめの運動は、以下の5つです。

水泳

水泳は全身運動ですが、特に脚の筋力を多く使うので、その分消費カロリーが多い運動です。同時に筋持久力も必要になるので、遅筋繊維を鍛えることができ、筋肉を引き締めることができます。

ただし、全力で泳ぐと心肺機能は向上しますが、脂肪燃焼はしにくいので、ゆったりと長い時間かけて泳ぐようにすると効果的。

ウォーキング

ウォーキングは、ダイエットでおこなっている人も多い運動。効果を実感するには、1回1時間程歩くことがポイントです。また、歩く前は何も食べずに、水分だけをしっかり補給しましょう。そうすることで脂肪を効率よく燃焼してくれるのでダイエット効果が高まります。

腕をしっかり振り、歩幅も大きくすることでよりダイエット効果もあるので、実践してみましょう。

ジョギング

ジョギングは、ゆっくりとしゃべることができるほどのスピードで走ることで、脂肪燃焼効果を実感しやすい運動です。1日30分はおこなうようにしてください。速く走ると脂肪燃焼はしにくいので、水泳同様長い時間かけてゆっくり走ることがポイント。

クロストレーナー

クロストレーナーはジムにおいてある有酸素マシン。全身を連動させておこなうので、ダイエットにかなり効果的。また、関節への負担も少ないので長時間漕いでも筋肉への疲労がかなり少ないです。

つまり、翌日の仕事などに支障が出にくいのでかなりおすすめです。お腹を軸にしておこなうので、ウエストを引き締めるのにも効果的。

ヨガ

ヨガは一見運動強度が小さいように見えるかもしれませんが、中級~上級になると動作によってはかなりキツイものもあります。筋力を使う以外にも、メンタル面を整えることができるため、ストレス発散に効果的です。

ストレスが溜まると、睡眠の質も低下しホルモン分泌も低下。また、血糖値も上がりやすくなるので、実は太る原因の1つでもあります。ダイエットがキツイときや、産後の引き締めにもおすすめ。