腰が痛い理由。対処法を知って、腰痛を上手に改善させよう。

記事の著者:Siena編集部

腰が痛いと、日常生活に支障が出てしまいます。立ち仕事、座り仕事を問わず辛く、家事や子育てで更なるダメージを感じる人も多いはず。

腰痛は、男性では1番目に、女性では肩こりの次に訴えが多い症状と言われています。腰痛があると、行動に制限がかかってしまうもの。腰という字には要の字が入っているとおり、生活していく中で、腰は大事な部位。

ただの腰痛、と油断せずに必要に応じて対策を取り、それでも改善しない場合は医療機関で診察を受けましょう。

腰が痛い理由

実は、腰痛の中で原因が分かっているものは全体の15%しかありません。そのほとんどは椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの腰椎の異常によるものが多いです。

残りの85%はレントゲンを撮っても原因が分からないものが多く、立ったままや、座ったままなどずっと同じ姿勢であったり、運動不足やストレス、過労、運動のし過ぎ、下着の締め付けなどによる血行不良、神経の障害によるものなどさまざまな要因が挙げられます。

対処法4選

軽い腰痛、原因がわからないものは腰痛症です。重いものを持ったときに、急に動けなくなったり、痛くなった状態を一般的にぎっくり腰と言います。

腰痛に効く対処法は4つ。自分の腰痛のタイプや症状に合う対処法を見つけ、腰痛を改善させていきましょう。

ていねいな動作を心掛ける

いきなり動作を激しくすると、椎間板や靭帯を痛めてしまうので、動くときはていねいな動作を心掛けましょう。振り向くときはゆっくりと、体の向きごと変えるようにしてください。

重い物や荷物を持つときは中腰ではなく完全に座ってから、腰の力だけで持つのではなく、全身の力を使って持つようにしましょう。

体を冷やさないようにする

体が冷えていると、血行が悪くなり、疲れやこりが起こりやすいです。冷房が効いている部屋などでは、一枚上着をはおるなど、冷房対策をとるようにしましょう。

体を冷やしてしまうと、腰痛だけではなく、肩こりの原因にもなりかねないので、注意してください。

体を温める

激しい痛みではなく、腰が重かったり、だるかったりする場合には腰を温めてみましょう。血行が良くなり、痛みが軽くなる場合も。更に素早く解消させたい人は、入浴時にマッサージやツボ押しで血流をよくしましょう。

腰痛体操

背筋を鍛えるには、床にうつ伏せになり、バンザイの体勢をとって、手のひらを下に向けます。そのあとに、スフィンクスのように両肘を90度に曲げて、ゆっくりと上半身を起こしてください。腹筋を鍛えるには、仰向けに寝転び、顔・肩・上半身の順番で持ち上げましょう。

激しい痛みがあるとき以外は、無理のないよう普段から体操をして、腰の筋肉を柔らかくしておくことが大切。

軽い腰痛だからとほったらかしにしていても、勝手に良くなっているということは少ないです。そのまま放っておくと慢性的な腰痛に繋がりかねません。日常生活での姿勢や普段からの体操を、できるときに無理なくしていると、それだけでも腰痛のリスクを減らせるので実践してみてください。

それでも、痛みがずっと引かなかったり、痛みが激しい場合は、我慢しないで医療機関にかかることが大切。思わぬ体の不調の発見が遅れないように、早めに病院に行きましょう。