ジムの都度利用制度とは?メリットはジムの雰囲気を比べられること。

記事の著者:Siena編集部

運動が苦手、体力がないなどさまざまな理由でジムに通うことを避けているかもしれません。都度利用制度は、自信はないけどトレーニングに興味を持った人にぜひ活用してほしい制度です。

ジムの都度利用制度とは、会費を月毎や年毎に払うのではなく、利用したらその都度料金を支払うこと。近年、都度利用制度を導入しているジムが増えてきました。そこで、気になるのは都度払いのメリットやデメリットです。

都度利用制度のメリット

実際のジムの雰囲気は、やはり自分の目で確かめるのが1番。都度払いであれば、退会したくなったときに、わざわざ面倒な手続きをする必要もありません。ジムの雰囲気が気になるという人は、最初はこの制度を利用するといいかもしれません。

また、この制度を利用すれば、複数のジムを実際に使って比較することも可能。気に入ったジムがあれば、長期契約に変えましょう。

ジョギングなど、普段ジム以外の屋外でトレーニングをおこなっている人にも、都度利用制度はおすすめ。天候が悪いときにジムを利用すれば、運動したいときにいつでもトレーニングができます。

都度利用制度のデメリット

最初にある程度のお金を支払うと、続けようという意志を後押ししてくれる良い動機になります。都度利用制度ではそれがないので自分の意志が強かったり、身体を動かすのが好きという人でなければ続かないかもしれません。

また、1回あたりの利用料が高くなるところがほとんどです。

筋肉の増大には、休息と継続のバランスが大切になります。やはり筋肉は使えば使うほど育っていくもの。使わなければあっという間に衰えていきます。筋トレのためにジムに通いたいけど、時々しか通えないという人は、都度払いを選んでもそもそも筋トレの効果を感じにくくなるかもしれません。

これは、健康を目的として、トレーニングをする人にも同じことが言えます。思いつきで、1日だけ沢山運動をおこなったところで、また身体を動かさなければ意味がありません。運動というのは、少しずつでも続けることで効果が出てきます。

スケジュールの都合など、特別な理由がなければ、通常の契約の方が無難だと言えそうです。ジムにこのような制度が生まれた理由は、運動施設を提供している側が、より多くの人に身体を動かす楽しさを知ってほしいと考えているため。

続けられるかはわからないけど、とりあえずやってみようと思ったら、その気持ちを大切にして、ぜひこの制度を利用してみてください。