PMSとむくみ。少しでもつらさを解消するためにできる4つのこととは?

記事の著者:Siena編集部

PMSのときによくある症状の1つであるむくみ。ただでさえ体が重くつらい状態なのに、むくみよってよりだるさを感じてしまうという人も多いはず。

PMSが起こりやすい生理前は、ホルモンバランスによって体に水分が溜まりやすい状態。体に余分な水分があるとむくみも発生しやすいため、生理前になると毎回むくむという場合は、事前に対策をしておきましょう。また、血行が悪くなっているときや食事のバランスによってもむくみは発生するので、日頃からマッサージなどを習慣づけておくのも良いかもしれません。

ミネラルを含んだものを積極的に摂る

腎臓や肝臓などにトラブルがない場合は、ミネラルを積極的に摂ることがおすすめ。カリウムなどのミネラルは、体から余分な水分を排出する働きを持っています。野菜やフルーツなどを積極的に取り入れれば、むくみの解消にもつながります。とくにむくみ解消に最適な食材は、トマトやキュウリなどの野菜、柑橘系のフルーツ、スイカなど。ほかにも、小豆や大豆などもむくみの解消に効果的。

逆にむくみが発生しやすくなる食べ物は、塩分が多いもの。スナック菓子や外食は、むくみやすいときは避けるのが無難です。

下半身のストレッチで血流を良くする

むくみは、血行やリンパの流れが悪くなっているときにも起こりやすく、とくにPMSや生理に関わるむくみの場合は、腰から下半身にかけてストレッチをするのがおすすめ。

腰周りや骨盤の緊張が和らげば、生理に向けての準備も整います。問題が生じている部分に合わせて、伸ばしたり揉んだしながら軽いストレッチをおこなうと良いでしょう。血液の流れがスムーズになると、むくみも取れやすくなります。

お風呂での軽いマッサージも効果的

お風呂に入っているときに、手や足など、むくみが気になる部分をマッサージしてみましょう。リンパの流れに従って、優しくなでるようにマッサージすることがポイント。足は、つま先から太もものつけ根に向かって、流していくイメージでおこないましょう。手や腕の場合は、脇の下に大きなリンパが通ってるので、手や腕の部分から脇の下に向けてマッサージしましょう。

入浴中は、体が温まり血行も良くなっているとき。リラックスしている状態のため、体もほぐれています。定期的におこなうようにすれば、むくみ予防にもつながります。

着圧式ソックスなどのグッズも

着圧式ソックスやタイツなどは、適度な圧力をかけて血流やリンパの流れを助けるしくみです。履いて歩いたり、過ごしているだけで血流促進が期待できます。商品によって圧力の度合いが違うため、自分の好みに合わせて選びましょう。

ストレッチやマッサージをしている時間がない場合や足のむくみが気になるときにおすすめ。

生理中は、なるべく骨盤周りの締め付けを避けたほうが良い時期なので、タイツタイプよりも足だけのソックスタイプがおすすめ。生理前などむくみが気になる時期であれば、タイツでも問題なく使用することが可能。外出時に使えるシンプルなソックスやタイツだけでなく、就寝中に履くことでむくみの改善を目指せるタイプもあります。