パートナーヨガとは?ストレス解消に効果的な理由とおすすめのポーズ。

記事の著者:Siena編集部

2人1組でおこなうパートナーヨガには、通常の1人でおこなうヨガとは違った効果が得られると言われています。カップルや夫婦でコミュニケーションの1つとしておこなうことで、2人の関係はもちろん体にも良い変化をもたらすことが可能です。ポーズは初心者向けのものばかりなので、ヨガ経験がなくても楽しみながらおこなえるのが特徴です。

パートナーヨガとは、一体どういうものなのでしょうか?2人1組でヨガをおこなって得られる効果を詳しく知ってみましょう。

パートナーヨガとは?

パートナーヨガは、2人1組でおこなうヨガで、別名カップルヨガとも言われています。信頼関係の構築に役立ったり、2人一緒に運動不足の解消ができるなど、さまざまなメリットがあります。お互いの動きや呼吸を意識しながらおこなうため、相手とのコミニュケーションが重要です。

パートナーヨガでおこなうポーズは、ヨガ初心者でも気軽に楽しめるようなポーズが多く、難しく考えずにできるものばかり。ヨガ経験がなくても、スキンシップの目的でおこなえるのもポイントです。

パートナーヨガがストレス解消に効果的な理由とは?

パートナーヨガにはストレス解消効果があると言われています。お互いの体に触れて、スキンシップを取りながらおこなうことで幸せホルモンとも言われるオキシトシンが分泌されます。

オキシトシンは、分泌されると脳をリラックスさせストレスを緩和することができます。心の癒しやリラックス効果が得られたり、記憶力の向上や人間関係を親密にしたいという気持ちになったりと、体に色々な良い影響を与えてくれます。

また、相手のサポートを受けながらヨガをおこなうことで、体の伸ばしにくい部分も十分に伸ばすことができます。普段ストレッチできない部分がほぐせる気持ち良さがストレス解消に役立つことも。

初心者でもできるおすすめのパートナーヨガポーズ

パートナーヨガでおこなうポーズは、簡単にできるポーズが多く、激しい大きな動きをしないため、自宅でも気軽におこなえます。

前屈のポーズ

背中合わせに立ち身体を前屈させ、お互いの腕をつかむ前屈のポーズ。パートナーとお互いの腕を引っ張り合うことで、腰と脚をスッキリ心地良く伸ばすことができ、気持ちの良い解放感が生まれます。

舟のポーズ

お互い向き合いながら座り、足を上げ足裏を合わせお互いの手首をつかむ舟のポーズ。このポーズは腹筋と太ももの筋肉が鍛えられ、肩や腕のストレッチ効果も期待できます。

3つの丘のポーズ

向かい合って立ち腕を上げお互いの手の平を合わせ、床と平行になるまで上体を倒していく3つの丘のポーズ。このポーズは背中を伸ばし、背骨の柔軟性を高める効果があり、しなやかな身体作りができます。

バランススクワット

腕を前に伸ばし両足を肩幅くらい広げお互い背中を合わせて立ち、そのまま腰を落としていくバランススクワット。お互いの両足が床と平行になったらゆっくりと片足を上げていくことで、足の筋肉を鍛えることができます。

また、片足を上げることでインナーマッスルも鍛えることができ、外側と内側両方の効果が期待できます。