仕事中にリラックスするメリットを知って、作業の効率を上げよう。

記事の著者:Siena編集部

仕事をしていると、多くのストレスを抱えるようになります。業務や人間関係など、人によって原因は異なりますが、リラックスした状態で仕事をしたいもの。

ストレスを感じずに仕事をすることができれば、自分自身はもちろん、職場の関係が良いものに変化していくかもしれません。仕事中に感じたストレスは、仕事中に発散して、リラックスできるように工夫していきましょう。ちょっとしたストレッチや休憩中に散歩したりすることも効果的です。

ミスが減る、疲れを感じにくくなる

リラックスした状態で仕事をしていると、ミスが減るだけではなく、ゆとりがあるので新しい発想を思いつきやすくなる、ということも。反対に、緊張しているときは、焦った状態で仕事をしているのと同じ。必然的にミスが増えます。

緊張して焦っている人よりも、リラックスしてゆとりのある人のほうに重要な仕事を任せたいという人は多いでしょう。リラックスして仕事に取り組むことにより、仕事の効率が上がり、結果的に残業時間が少なくなり、ストレスが溜まりにくくなるという嬉しい点も。

また、緊張した状態では筋肉が固くなっているもの。血流が悪いので、肩こりの原因に。リラックスした状態のときは、筋肉は固くなっていないので、肩こりを予防することができます。デスクワークを長時間おこなっていると、全身に疲労がでてきます。とくに、緊張した状態では身体面も精神面も疲れてしまいます。リラックスした状態なら、身体の疲労はもちろんのこと、精神面もゆとりがあるので疲れを感じにくくなります。

仕事中にもできる、リラックスするための方法

簡単なストレッチをおこなうと身体の緊張がほぐれます。背もたれから背中を離し、背筋を伸ばします。指先を肩にあて、肘を後ろに10回まわしましょう。同じように肘を前に10回まわしてください。このストレッチのほかにも、両手を組んで上に向かって伸びをすることもおすすめ。

とくに、肩甲骨まわりを動かすとリラックスしやすいので、積極的に筋肉をほぐしていきましょう。椅子に座ったままおこなえるので、仕事中でも問題ありません。

コーヒーには、身体をリラックスさせてくれたり、眠気を取ってくれる効果があります。コーヒーが苦手な人は、ハーブティーがおすすめ。冷たい飲み物より温かい飲み物のほうがリラックスすることができます。

また、仕事の休憩中に散歩をすることもおすすめ。仕事場から離れて心を落ち着かせながら15分ほど歩くと、休憩後はリラックスした状態になり、仕事に集中できます。また、空を見上げると心をリラックスさせることができます。休憩以外でも、トイレへ行くときに背伸びや深呼吸すると落ち着くことができます。

30秒間、眼を閉じて何も考えずに瞑想すると心がリラックスできます。眼を閉じているときには呼吸を深くおこない、息を吸って吐く動作を丁寧に。何も考えないことは意外と難しいので、呼吸に意識を向けると瞑想しやすくなります。