足の甲にあるツボの効果は?腰痛や生理痛の改善におすすめ。

記事の著者:Siena編集部

足の甲には多くのツボがあり、それらは人間の体の各器官とつながっています。調子が良くないときにツボを刺激すると、回復する効果が得られるはず。

たとえば、便秘が長引いてしまったときは厲兌(れいだ)という胃腸とつながっているツボを刺激すると、お通じの改善に効果を発揮します。

さらに足の甲には、自立神経を整えることで、全身の不調を改善する照海(しょうかい)というツボも。自分の不調にあった部分を押してみましょう。

くるぶしのツボに関して詳しく知りたい人はむくみや老廃物解消に効果的なくるぶしのツボとは?優しく押すことがポイント。をチェックしてみてください。

また、足首のツボに関して詳しく知りたい人は足首にあるツボとは?肩こりや冷え症の改善に効果的。をチェックしてみてください。

足の甲のツボを押すと得られる効果

日常生活のなかで、足の甲のツボを日々刺激しているという人は少ないはず。しかし、体のあらゆる健康に深く関わってくるので、不調を感じる際には押してみましょう。

解谿(かいけい)は、ねんざや関節の炎症などに効果的

足首を曲げるとしわができる部分があり、その中央部分に解谿(かいけい)というツボがあります。足の麻痺やねんざ、関節の炎症、腰の痛み、リウマチに効果的です。

ほかにも二日酔いや眼精疲労、視力低下、頭痛、顔のむくみ、便秘、胃痛、腹痛、咳、冷え性改善などにもおすすめ。このように、足の甲のツボは、体のさまざまなトラブルに効果があるのでおすすめです。

自律神経の調子を整えるツボは照海(しょうかい)

足の甲のツボには、自律神経を整えてくれる照海というツボもあるのです。足の内側のくるぶしの下にある、くぼんでいる部分にあります。

低血圧を改善したり、女性の生理を整えるといった効果もあるのが特徴です。生理痛に悩まされている人は、普段から積極的に刺激してみましょう。

太衝(たいしょう)と崑崙(こんろん)は、腰痛改善に効果的

太衝(たいしょう)は、足の甲のちょうど真んなか付近の、親指と人さし指がちょうど交わる部分にあります。ここを足首の方向に向かって押すと、腰痛の改善に効果があるのです。太衝は血流や冷えを改善し新陳代謝を高め、ダイエットにも良い影響を与えてくれるのでおすすめ。

腰痛改善を求めているなら、崑崙を刺激するのも効果的です。太衝とは違い、外くるぶしとアキレス腱の真んなかあたりに存在するツボ。外くるぶしに向かって刺激を与えていくと、腰痛に効果があります。

冷えに悩まされている人は、中封(ちゅうほう)を刺激しよう

中封は、くるぶしから1センチほど前の位置にあるツボです。このツボも足首に向かって押すと腰痛に効果があるとされています。

他にも、お腹の冷えや下半身の冷えを改善し、太衝と同様に新陳代謝にも効果があるので、ダイエットをしている人にもおすすめです。

太谿(たいけい)は、代謝に効果あり

太谿は、内くるぶしとアキレス腱のあいだの真んなかあたりにあるツボです。内くるぶしに向かって刺激を加えると、腰痛に効果を発揮します。

また、水分などの代謝を促す働きもあるので、多くの人が悩まされている、むくみの解消にも有効です。歩き回ったり立ち仕事をした日は、太谿を刺激しむくみを解消するようにしましょう。