生理中の筋トレの効果とは?体を動かして、お腹の痛みを和らげよう。

記事の著者:Siena編集部

生理中は、出血をしているため、運動をしてはいけないのではないかと感じる人も多いはず。しかし、筋肉を鍛えるには絶好の機会なのです。

なかには、普段から筋トレをしていても、生理が来るたびにトレーニングを中止している人もいますが、注意点をしっかりと抑えれば、生理中でも鍛えることができます。

体を動かすことによって、お腹の痛みが良くなる場合も。生理中でもできる筋トレや、メリットには、一体どのようなものがあるのでしょうか?

生理中に筋トレするメリット

実は、生理中は1番筋肉がつきやすい時期なのです。女性の体は、排卵後から生理前まで、プロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が増えます。

そのホルモンは、受精卵を守る働きがあるため、脂肪をつきやすくし、体内に水分をため込んでしまうことも。それゆえに、肌荒れや便秘を引き起こす原因となり、筋肉もつきにくいので、体重が増加してしまうのです。

一方、生理になるとプロゲステロンの分泌は減り、その代わりにエストロゲンというホルモンの分泌が増加します。卵胞ホルモンと言われ、子宮の内膜を厚くして、受精卵を待ち受ける働きを持つものです。

その働きにより、内臓脂肪が燃焼されるので、痩せやすくなり、筋肉をつけるのに絶好の機会になります。生理中は体のだるさを感じる女性が多いですが、体を動かし始めると血液循環が良くなり、生理痛やだるさが解消されることもあるので、積極的に体を動かしてみましょう。

生理中におすすめのメニュー

生理中に運動をするなら、出血量を増加させてしまったり、腹痛など生理中に起こる不快症状を増大させてしまう恐れがあるので、腹筋に力を入れるメニューは避けましょう。

筋トレの回数を普段より少なくしたり、バーベルの重さを増やすことは避けるなどです。疲労が蓄積しやすい時期でもあるので、軽めのメニューがおすすめ。

ブリッジ

直立した状態から上体を後方に反らし、背中を地面につけないように体を持ち上げましょう。足裏と手、または頭で体を支えてください。

お腹の血流が良くなり、生理痛の改善にも効果的と言われています。多くの女性が悩まされている冷え性にも効果的なので、整理中だけでなく、普段から取り組んでみましょう。

スクワット

足を肩幅より少し広めに開きます。上半身はリラックスさせ、胸を開いた姿勢で息を吐きながら、お尻を後ろに向かって突きだすように下げましょう。そのあと、息を吸いながら起き上がったら1セット完了です。

生理中にスクワットをするときは、バーベルなど持たず、自重スクワットがおすすめ。無理をして体を痛めないように気を付けましょう。

ヒップリフト

床に仰向けに寝ます。足を90度に曲げて、手は30度ほど開いてリラックスさせます。その状態で、お腹と足のひざが直線になるまでお尻を上げて1度停止しましょう。そのあと、しっかり呼吸してからゆっくりとお尻を下げれば1セット完了です。

ブリッヂと似ていますが、腕をあまり使わないため、腕を痛めている場合や、腕の力に自信がないときはヒップリフトをやってみましょう。

ネコのポーズ

四つん這いのポーズをとります。息を吐きながら背中を丸めて猫背にし、おへそをのぞき込みます。再び四つん這いに戻り、今度は息を吸いながら、お尻を突きだして背中を反らせれば1セット完了です。

腹痛を和らげる効果も期待できるヨガのポーズ。どうしても体がつらくて、動く気が起きないときは、テレビを見ながらでも簡単にできるネコのポーズをやってみましょう。