運動不足だけどダイエットしたい。効率的に痩せるための4つの運動とは?

記事の著者:Siena編集部

運動不足の人や動くことが苦手な人は、食事療法だけでダイエットに挑む人も多いはず。しかし、それではなかなかうまくいきません。バランスの良い食事と適度な運動をおこなうことが大事なのです。

適度に運動をして筋力をつけることで、痩せやすく太りにくい体質になっていくほか、健康的な体を目指すことも可能に。運動不足の人は、いきなり激しい運動をおこなうのではなく、体に負担の少ない比較的やさしい運動から始めてみましょう。ダイエットができるだけでなく、運動不足も解消できるので一石二鳥です。

手軽に始めたいならウォーキング

運動不足の人には、ウォーキングが最適。気分転換にも効果があり、脳が活性化するとも言われています。しかし、消費カロリーはあまり高くはありません。ダイエットを実感するためには、長距離を歩く、効果を実感出来るまでのんびり続けていく、という気持ちが大切になってきます。

また、歩き方も重要なポイント。目線は進行方向をまっすぐ見て、背筋をしっかり伸ばした姿勢を維持しましょう。かかとから足を着地させて、後ろ足で地面を蹴る、ということを意識して歩きます。通常よりも歩幅を広めに、やや急ぎ足で歩くと効果的。

水泳は、全身の筋肉を使う有酸素運動

水泳は身体への負担も少なく、怪我をしにくいという点でも、これから運動を始める人にはうってつけです。また、水泳は全身の筋肉を使う必要があるため、カロリー消費が高いスポーツ。また、水温が低いので、体温を一定に保つために身体はエネルギーを消費することも、ダイエット効果が高いと言われる理由の1つ。

しかし、水中ウォーキングは、消費カロリーも低くダイエット効果はあまり期待できないので注意。リハビリ中や疾患を抱えている人以外には、あまりおすすめできません。泳ぎ疲れた際の小休止として活用する程度にとどめましょう。

有酸素運動と無酸素運動のヨガ

ヨガをすることによって脂肪を燃焼してくれる、遅筋を鍛えることができます。また、ヨガは有酸素運動と無酸素運動の両方の効果が得られるダイエット向きな運動。自律神経の乱れを改善したり全身の歪みを整えるなど、ヨガで得られる健康要素が多いのも特徴。とくに血の巡りが良くなることから、多くの女性が抱えている冷え症の改善にも効果的です。

簡単なヨガポーズを試してみて、自分に合っていると感じたら初心者向けの本を1冊購入して毎日続けてみましょう。スクールに通ってプロのレッスンを受けるのもおすすめ。ヨガを始める前に覚えておきたいことは、決して即効性のあるダイエット法ではないということ。代謝が良くなり痩せやすい身体になるまで、辛抱強く続けることが大切です。

ピラティスは、体幹を鍛えて痩せやすい身体に

無酸素運動のピラティス。ピラティスはどんな人にも実践しやすく、身体への負担も少ない初心者向けのエクササイズです。また、インナーマッスルという身体に見えない内側の筋肉を鍛える運動なので、筋肉質な見た目になるのを嫌がる女性におすすめ。

基本的にダイエットには有酸素運動が有効だと言われていますが、筋力が少ないと有酸素運動をおこなっても効果はあまりありません。急にダイエットするために運動を始めても、効果が出にくいのです。身体のなかの筋肉量を増やした上で有酸素運動も取り入れていくと、脂肪を燃やしやすい身体になります。

ピラティスで筋肉量を増やして、ウォーキングや水泳など有酸素運動をおこなえば、より一層ダイエットに効果的です。