朝のイライラの原因は、睡眠の質だった。改善のためにできることとは?

記事の著者:Siena編集部

朝目覚めたときから、なぜだか気分が乗らない、イライラする、と感じることがある人もいるはず。1日の始まりは、できることなら気分良く始めたいもの。すっきりと気分良く目覚めるためには、どういう方法が良いのでしょうか?

朝ついイライラしてしまうのは、本人にとってもつらいはず。どこに原因があるのかを見極めて、生活全般を見直してみることが大事です。

食事に気をつけたり、ストレッチなどを継続することで、イライラが改善していくなどの効果が期待できることもあるので、自分のできるところから対策を取っていくことで、解決の糸口が見付かるかもしれません。

自律神経の乱れが、睡眠の質を低くする

また、生活リズムの乱れや心身の疲労、ストレスなどによって自律神経が乱れると、ホルモンバランスの乱れや代謝が悪化につながり、朝のイライラの原因に。

ほかにも、低血圧症で朝起きてから体調が落ち着くまで時間のかかる人は、、血液の循環が悪くなりやすく、とくに寝起きに体のダルさや倦怠感を感じることが多いと言われています。朝のシャワーや野菜ジュースを飲む、というのが効果があると言われていますが、ベッドの上でできるような軽いストレッチは、だるさや倦怠感を取り除いてくれるだけでなく、血流の改善にもつながるのでおすすめ。

日頃の食習慣、生活習慣が睡眠の質を下げ、朝にイライラしてしまう要因になっている場合もあるのです。

睡眠時間の確保が優先

まずは、睡眠時間を確保が大切。必要な睡眠時間が十分に確保されていると、目覚めもすっきりします。睡眠の質を上げることは重要なので、寝具や寝室の温度など、環境も一緒に見直すのも良いでしょう。

個人差はありますが、成人の場合平均的に6~8時間の睡眠時間が必要と言われています。睡眠時間が足りなかったり、よく眠れなかったと感じる朝は、目覚めが悪いためストレスを感じやすくイライラの原因に。

食事も睡眠に影響を与えるので、神経を沈静化させたり、緊張をほぐしてくれるカルシウムやマグネシウム、ビタミンB1が多く含まれる食事を摂るようにすることも効果的。

心身の疲労によるストレスは、朝の目覚めに影響してしまうことも。質の良い睡眠を取り、解消できるように意識して心がけてみましょう。

自律神経には、朝日を浴びること

自律神経の乱れを整える効果が期待できる方法に、朝起きたらまずカーテンを開け、朝日を身体いっぱいに浴びる、という簡単なものがあります。朝日を浴びることで体内時計をリセットすることができるため、生活リズムが整います。

また、身体をしっかりと目覚めさせるために朝食をしっかり摂ると、イライラの解消にもなるので、習慣づけしていくようにするといいでしょう。

朝は何かと忙しいものですが、時間に追われてバタバタとした動きをすることが、実は自律神経の乱れに関係しています。朝に時間の余裕を持つようにすると、気持ちにも余裕が生まれ、イライラの回避にも。