PMSで食欲が増えてしまう理由。上手にコントロールして、乗り越えよう。

記事の著者:Siena編集部

PMSの症状に悩む女性は、近年増えてきています。なかでも、ダイエットを頑張りたい女性にとって、食欲の増加は大きな問題のはず。

女性の体は、時期によってホルモンのバランスが変化。生理前に食欲が高まる主な原因は、生理前に増えるホルモンです。精神面や身体面で不調が起きるPMSの症状には、食欲の増減がみられることも多いのです。

生理前は、PMSでなくても食欲が増えることも。理由は、生理前のホルモンバランスによって、体が栄養をしっかり蓄えようとするモードに切り替わるためで、人によって食欲が増える原因は違いますが、生理前は食欲が増加しやすいものなのです。また、個人差が大きく、食欲が増えることもありますが、反対に減ることもあるのです。

食欲が減る場合もある

生理前のホルモンは、体内の水分をを身体に貯めようとする働きがあります。そうすると、便が硬くなることも。便秘になると、反対に食欲がなくなることもあります。便秘のときは常日頃からミネラルや食物繊維をしっかり摂取すると、食欲が落ちてしまうことがなくなるかもしれません。

食欲がないときは無理に食べる必要はありませんが、PMSのときは、気分が落ち込んだり吐き気がしたりするケースもあるので、便秘以外の要因が関わっていることも。PMSによる腹痛や吐き気があるときは、病院を頼るのも方法の1つ。痛み止めや吐き気止め、ホルモンバランスを安定させる治療などで解決することも。

事前に対策を

PMSが始まる前に、生活習慣を整えることでコントロールできるケースも。とくに、便秘で食欲がなくなってしまうような場合は、PMSの少し前から食生活を変え、便秘しにくい状態を作ることで問題を改善しやすくなるかもしれません。

それでも食欲が増加してしまうときは、ローカロリーの食材を取り入れることがおすすめ。噛みごたえがあり、満腹感を得やすいナッツ類は、栄養価も高いので食欲増加時にも適しています。カロリーが気になるときは、無塩かつ油を使っていない無添加のものを選びましょう。

また、昆布やスルメなどで、口寂しさを紛らわせることができます。ローカロリーなので、お菓子を我慢したいときにぴったり。どうしても食べたくなってしまう時は、0kcalのゼリーやカロリーの少ない甘味料を使ったおやつ、飲み物などを作ってみましょう。

イライラなどで食欲のコントロールが難しいときは無理に食べたい気持ちを抑える必要はありませんが、食事以外でストレス解消ができる場を作るのも良いでしょう。家でゆっくりする、外に遊びに行くなど、気持ちがリフレッシュできる方法を探しましょう。リラックスできる環境を作って、ストレスを解消するようにすることが大事になってきます。

PMSが気になる時は、無理をせずゆったり過ごすことを意識しましょう。