筋肉を維持するために大切なこと:維持するための筋トレ頻度とおすすめメニュー

記事の著者:relaxgroup1

せっかくトレーニングを頑張っていたのに、数週間サボっただけで想像以上に筋肉が落ちていた、という経験をしたことがある人は数多くいるはず。

筋肉トレーニングは、要領よくやらなければいけません。あまり筋肉をつけすぎると、筋肉が重なり合って各関節に負担がかかり、最悪怪我する場合があります。また、筋肉が大きくなりすぎればそれに伴い、大量のタンパク質を摂取するためにたくさん食事をしなければいけなくなります。

そうなれば内臓への負担も大きくなってしまいます。上手く筋肉を維持するためには週に何回トレーニングをすればいいのか、という問題に関する研究は、イギリスのキール大学のアダム・シャープルス博士などによって長年されてきましたが、多くの実証実験の結果、たった週一回のトレーニングで十分だそうです。

しかし、せっかく筋肉を維持できたとしても、今までベンチプレスで100kg上げることができていたのに、それができなくなってしまっては意味がありません。負荷を変えずに筋トレをするには、最低でも週一回はベンチプレスで100kgを上げなければいけないということです。ウェイトを使用しない自重トレーニングも同様で、たとえばプッシュアップで100回できていたのなら、その回数は維持しないといけないことになります。

週1回、習慣的にトレーニングをすることが大切

筋肉を維持するためには、今までやっていたメニューと同じものをこなしましょう。負荷の重さを軽くしたり、回数やセット数を減らしてしまうと筋肉は弱ってしまいます。

トレーニングをする日数が減っても、トレーニングの内容は変えないことが、筋肉維持のポイントです。

また、今まで週三回行ってきたトレーニングを週1回にするなら、曜日を決めて習慣化しましょう。そのためには、前日は早く就寝し、朝食をしっかりと摂るなど規則正しい生活をしておかなければいけません。

もし風邪になったり、忙しくて週1回のトレーニングができなければ、できるだけ早めにトレーニングを再開することが大切です。リマインダーに記録したり、カレンダーに書いたりして忘れないようにしましょう。

他にも、普段から体調維持をすることも必要です。体調を維持するためには、睡眠と栄養、休息をしっかりと取り、ストレスを溜めたり、過度なトレーニングをしないようにしてください。