自宅でできる下半身引き締めマッサージ法:リンパの流し方を紹介

記事の著者:Siena編集部

ダイエットをして胴体は痩せられたのに、下半身が全然痩せず土偶体型に悩む方が多いようです。

下半身はなぜ痩せにくいのでしょうか。まずは下半身が太りやすい原因を紹介したうえで、下半身を引き締めるマッサージを紹介します。

下半身の引き締めには、リンパマッサージが効果が出やすく、気分がすっきりして痩身効果が期待できるのです。

今回は自宅で簡単にできるリンパマッサージを紹介しています。

また、肩こりや首の痛みがある方、美しい姿勢になりたい方にはホットヨガがおすすめです。

LAVAのヨガレッスンで体幹が鍛えられ、インナーマッスルの強化と姿勢の歪み改善に効果を期待することができます。そして、暖かい環境で行うので血行が良くなり、体質改善につながります。

デトックス効果が抜群のLAVAのレッスンをウェア・タオル付き1,000円で体験することができるので、ぜひ参加してみてください。

LAVAを予約(公式サイト)

下半身が太りやすい理由

下半身の太さに悩む方は多いです。下半身が太りやすい理由は、血行の悪さが原因にあげられるでしょう。

下半身は重力に従って心臓から離れた位置にあり、血行が悪くなりやすい場所です。そのため体温が下がって代謝が悪くなります。

冷え性も同じ理由で起こっているのです。さらに脂肪を分解する成分が血液から運ばれないなど、太りやすい要素が多くあります。

リンパマッサージの効果

リンパマッサージが下半身痩せに効く理由は、リンパが老廃物を運ぶという働きをするためです。

下半身に溜まった老廃物やセルライトを除去することで、下半身がすっきりします。また老廃物がなくなることで気分がすっきりして、自律神経が整えられます。代謝が上がり、脂肪が分解されることで下半身痩せの効果が出るのです。

リンパは最終的に鎖骨リンパ節を通って心臓に老廃物を流し出します。リンパマッサージを効果的に行うには、足先から足の付け根と上に向かって流していくことを心がけましょう。

また股関節はリンパ節が密集している場所です。股関節のリンパの流れが滞ってしまうと、下半身のリンパも流れにくくなり、老廃物やセルライトが溜まりやすくなります。股関節のリンパもしっかりとほぐすことも覚えておきましょう。

下半身のリンパマッサージの方法

リンパマッサージを行うタイミングは、血行が良くなっている入浴後がおすすめです。

また、強く擦り付けると肌が傷つく恐れがあります。優しくさするだけで効果は出ますが、マッサージクリームやオイルを使うとマッサージがしやすくなります。

リンパをマッサージで流そう

まずは足元からほぐしていきます。長座をして左足だけを胴体の方に持ってきます。そして左足の指と右手の指が交互に交わるように組みます。足の指がグッと広がるはずです。

そして、そのまま足首を回してください。時計回りと反時計回りを10周ずつ3セット行います。反対の足も同様に行ってください。

次に片方の足に対して両手を使って、足首から膝に向かってスネのリンパを流します。手の置き方は包丁を使うときの猫の手と同じです。

スネ全体をマッサージできるようにずらしながら行いましょう。ふくらはぎの方はアキレス腱から膝裏までを手のひら全体で掴むようにして揉み上げていきます。

そして、太もももスネと同様に猫の手を使って膝から足の付け根に向かってリンパを流していきましょう。ここまでの流れを両足にします。

最後に股関節のリンパをほぐします。足の付け根の内側、ビキニラインに当たるところを揉んだらおしまいです。