専門家による記事

管理栄養士が教える!夏バテ予防におすすめの食べ物7選

管理栄養士ともえ
記事の著者:管理栄養士ともえ

なんとなく体がだるい、頭が痛い、食欲がわかないなどの夏バテ症状を経験したことがある人は、少なくないでしょう。

ついつい口当たりの良い、冷たい飲み物や食べ物ばかりになってしまいやすい、これからの季節におすすめの食べ物について説明します。

夏バテ予防の食事のポイントは、「冷たいものばかりに偏らない」ことと、「食べる量が少なくても、栄養バランスが偏らない」ことです。

食べやすい麺類は、それだけだと糖質に偏り、適切にエネルギーに変わりにくくなります。また、汗で失われるミネラルも不足していきますので、それらを食事で補うことが大切です。

今回は、夏バテ予防におすすめの食べ物を7つ紹介していきます。

具だくさんうどん

うどんだけでは、エネルギーにかえるために必要なビタミンB群が不足し、汗で失われるミネラルや体力の回復に必要なたんぱく質も不十分です。

卵や肉、魚、野菜や薬味などをたっぷり使用した鍋焼きうどんのような具だくさんのものにしましょう。

夏野菜カレー

旬な夏野菜(トマト、ナス、パプリカなど)を使用した彩りのよいカレーで、食欲をアップさせましょう。

これらの野菜に含まれるビタミンCは、免疫機能を高める効果が期待できます。

うなぎの手巻き寿司

うなぎは、たんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に含みます。また、炙ったときの香ばしい香りが食欲をアップさせるため、夏バテ予防にぴったりの食材といえます。

酢に含まれるクエン酸は、疲労回復に役立つ効果が期待できます。

のり、酢飯、焼いたうなぎに甘いたれを用意した手巻き寿司パーティで、夏の暑さを吹き飛ばしましょう。

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤは、免疫機能を高めるビタミンCを豊富に含みます。また、豆腐、卵、豚肉にはたんぱく質や、糖質をエネルギーにかえるビタミンB1、B2も豊富です。

ごはんのおかずにしても、そうめんを入れてそうめんチャンプルーにしてもよいでしょう。暑さに負けない工夫がたくさんつまっている南国のお料理を、ぜひ参考にしてみましょう。

豚ニラ炒め


豚肉は、たんぱく質と、糖質をエネルギーにかえるビタミンB1を豊富に含みます。

ニラは、ビタミンB1の吸収をよくするイオウ化合物を豊富に含んでいます。

この2つを揃えた豚ニラ炒めは、夏バテ予防のごはんのおかずに、とてもおすすめのお料理です。

納豆チャーハン


納豆は、たんぱく質と、糖質をエネルギーにかえるビタミンB2を豊富に含みます。

ごはんがメイン料理になるチャーハンなどの味ごはんには、このようにたんぱく質やビタミンを豊富に含む食材を組み入れることで、簡単に栄養価がアップできるのでおすすめです。

フルーツヨーグルト


キウイ、パイナップルなど酸味のあるフルーツは、免疫機能を高める効果のあるビタミンCや、疲労回復に役立つクエン酸を豊富に含みます。

ヨーグルトは、汗によって失われやすいミネラルを豊富に含み、夏バテによって弱った腸内細菌を整える働きがあります。糖分が気になる人は、プレーンヨーグルトを活用してみましょう。

おいしく、バランスのよい食事で、暑い夏を乗り切りましょう。

この記事の執筆者・監修者

管理栄養士ともえ

管理栄養士ともえ

2016年3月に大学を卒業後、急性期総合病院で管理栄養士として勤務。エネルギー制限、たんぱく質制限、脂質制限、塩分制限などのメニュー作成や、患者への個別・集団食事指導を行っている。お年寄りが食べやすい食事や、生活習慣病予防のためのダイエットの食事指導について、出版を目標に勉強中。Instagram:ともえ 管理栄養士