ヨガは、冷え性改善にぴったり。血流を促すポーズで温まろう。

記事の著者:Siena編集部

多くの女性が悩まされる冷え性。放っておくと、免疫力が低下してしまい、風邪を引きやすくなるだけでなく、肌のくすみや乾燥が気になるようになってしまったり、太りやすくなってしまうことも。また、肩こりや頭痛などの体の不調につながってしまう可能性もあります。

改善方法として、運動不足の解消や健康、美容効果だけでなく、体の不調を整えられるヨガが良いと言われています。なぜ、ヨガが冷え性改善に効果的なのでしょうか?

ヨガと冷え性の関係の前に、まずは冷えの原因を知っておくことも大事。一体どんな理由で冷えが起こってしまうのかを確認しておきましょう。

冷えの原因は、血液の流れが滞っているから

冷え性は、血液の流れが滞ってしまうことで起こるもの。ポンプの役割をしている心臓から離れてしまうため、手足の先が冷えるという人は多く、末端は血管が細いこともあり、血液の流れも滞りやすいのです。

また、女性に冷え性が多いのは、男性に比べてもともと筋肉量が少ないというだけではありません。脂肪が付きやすく、筋肉が付きにくいという体の特徴も関係しています。大きい筋肉が存在している下肢の筋肉が少ない傾向にあるため、血液が心臓から排出され末端に届き、また心臓に戻っていくという循環が十分におこなわれていないこともあり、血流が悪くなってしまうのです。

そして、もう1つの大きな原因は、自律神経の乱れ。交感神経が優位になり緊張状態が続くと、血管が収縮し血液の流れが悪くなることがあります。

筋肉を強化することで冷え性を改善できる

冷え性の改善には、第2のポンプと呼ばれるふくらはぎの筋肉を含め、全身の筋肉量を増やすことが大切です。また、体のゆがみは血管を圧迫してしまうことにつながるため、血流を妨げる要因に。骨格を調整していくことも、血流を良くするためには有効的な方法です。

そして、女性はホルモンの関係で自律神経が乱れやすいため、積極的にリラックスしたり、休養を取ったりして、自律神経を整えていくことで冷え性を改善していくことができます。

ヨガで得られる効果は、これらの要因を改善していくことが可能です。

ヨガは、冷え性の改善に効果的

ヨガのポーズは、全身を使っておこなうため、あらゆる筋肉を鍛えることが可能。なかなか鍛えるのが難しいインナーマッスルを鍛えることもできます。継続しておこなうことで、定期的に筋肉へと刺激を与えられるので、効果的に筋力をアップすることができます。

筋肉が鍛えられると、血液循環を促すためのポンプ機能を活性化させるため、冷え性改善につながります。

また、ヨガのポーズには体のゆがみを改善していく効果も。滞っていた老廃物を排出しやすくなるため、冷え性はもちろん、むくみの解消にも効果的です。

そして、ヨガでおこなう腹式呼吸は、リラックスすることが可能。体の緊張をほぐすことができるだけでなく、自律神経にも作用し、副交感神経を優位にしてくれます。

ヨガを継続して代謝を上げ、冷え性を予防することも可能

筋肉量が増えると、基礎代謝が上がります。またそれにともない体温も高くなるため、血行も良くなり、冷えが改善されていきます。

ヨガを継続しておこない、筋肉の量を増やすことで基礎代謝を上げることが可能。また、その状態を維持することもできるため、続ければ続けるほど、改善だけでなく冷え性の予防にも効果があるのです。

冷え性の改善におすすめのヨガポーズ

冷え性の改善だけでなく、内臓の働きを活性化するヨガポーズです。無理をしない範囲でおこなうようにしましょう。

三角のポーズ

足を大きく横に開き、両手を広げ、右手を右足首の方向に下ろし、左手は天井へ真っ直ぐ向けます。顔も天井を見るようにしましょう。この状態のまま、深く呼吸をおこないます。下ろすほうの手を変え、反対側も同様に。

ポーズに慣れていないときや安定しないときは、背中を壁につけるておこなうと安定しておこなえるようになります。

バッタのポーズ

うつ伏せの状態になり、軽く足を開き、手を足の付け根、太ももあたりに添えます。息を吐き切ってからゆっくりと吸い込みながら、太ももの付け根から持ち上げ、そのまま自然な呼吸を30秒ほどおこないましょう。その後、鼻で息を吐きながら、ゆっくりと元の体制に戻ります。

ホットヨガで効果的に冷え性を改善しよう

ヨガの種類に、ホットヨガがあります。高い室温と湿度の環境でおこなうヨガで、通常のヨガに比べて発汗作用があり、代謝が上がりやすいのが特徴。

おすすめは、大手のホットヨガスタジオLAVA。会員の約8割がヨガ未経験なので、初心者の人でも始めやすい環境が用意されています。温かい室内でおこなうヨガは、冷え性を改善したい人におすすめです。

LAVAを予約(公式サイト)