冷え性に悩む人必見。ヨガで筋肉の緊張を改善しよう。

記事の著者:Siena編集部

寒くなってくると、全体の8割の女性が悩まされる冷え性。冷え性の一番の原因は運動不足だと言われています。ヨガによって基礎代謝を上げ、内臓や血液の滞りを改善することが可能。過度な運動は必要ありません。

毎日継続して体を動かすことで、少しずつ体質を変えていくことが大切。体が冷え、体温が下がると免疫力の低下から風邪をひきやすくなってしまいます。     

手足の先が冷える「末端冷え性」に悩む人が最も多く、冷えによって身体にさまざまな悪影響を及ぼします。末端冷え性とは、身体の他の部分は温まっているのに、手足の先のみ冷えてしまうこと。重要な臓器が集まる体の中心部を37度前後に保とうとするので、末端まで血液が行き渡りにくくなることで起きてしまいます。

冷えの原因は筋肉量の差

冷え性の原因は、身体の中を巡る血液の流れが滞ってしまうこと。身体の末端は血管が細く、血液の流れが滞りやすいことが、手足の先が冷えやすい理由です。また、リンパ液など身体の中を流れている体液の循環も悪くなります。

熱を体内で十分に作り出せないことも冷え性の原因の1つ。筋肉は血液を全身に送るポンプの役割を担い、熱を作り出すのに必要不可欠。しかし女性は男性に比べ筋肉量が少なく、冷え性になりやすい人が多いのです。

筋肉強化で冷え性を改善できる。

女性に冷え性が多いのは、女性が男性に比べてもともと筋肉量が少ないというだけでなく、脂肪が付きやすく、筋肉が付きにくいという特徴も関係。特に大きい筋肉が存在している下肢の筋肉が少ないので、血液が心臓から出て末端に届き循環してまた心臓に戻っていくという作用が、十分に得られないこともあります。

ヨガで身体の内側にある筋肉を鍛えることでポンプ機能を活性化し、冷え性を改善していくことが可能。

女性に多い悩みにむくみがありますが、身体のむくみは手足など末端の冷え性の原因の1つ。身体がむくむ原因は、冷え性の原因と同様に、血液などの流れが滞ってしまうということにあります。

血液の滞りとは、老廃物がリンパが集まるリンパ節に溜まってしまい、身体の中の循環がうまくいかないこと。ヨガでインナーマッスルを鍛え、身体の歪みを改善することで、冷え性だけでなくむくみの改善に繋がります。

もう1つの大きな原因は自律神経の乱れ。身体が交感神経が乱れ、緊張状態の状態が続くと血管が収縮し血液の流れが悪くなります。特に女性はホルモンの関係で自律神経が乱れやすいため、この自律神経を整えていくことが冷え性の改善に繋がります。

ヨガでは呼吸法を取り入れてポーズや瞑想などをおこなうため、ゆったりとしたペースでリラックスしながら、身体の緊張を少しづつほぐしていくことが可能。副交感神経にアプローチして身体をリラックスした状態にもっていくことが大切。身体の緊張状態を緩和させて、身体の血流をよくしていきましょう。