ピラティスに適した服装の選び方:コットン素材のウェアがおすすめ

記事の著者:Siena編集部

ピラティスをいざ始めようとしても、どんなものを準備すれば良いのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。ピラティスはエクササイズなので、普段着のままだとやりにくさが目立ちます。

服やマットなど必要なグッズについて、服の素材や機能まで考えていきましょう。ここではピラティスに適した服装の選び方を紹介します。機能的なウェアで、おしゃれも楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、自分に合ったピラティスウェアが決まったら、早速ピラティスを始めてみましょう。ピラティス初心者には、ピラティススタジオの「ピラティススタイル」がおすすめ。

全店舗が駅から近い場所にあるので、通いやすさも抜群。「ピラティススタイル」で、楽しいピラティスライフをスタートさせませんか。

ピラティススタイルを予約(公式サイト)

ピラティス専用ウェア

ピラティスをするときに、ピラティス専用のウェアを着なければならないというルールはありません。しかし、必ず守った方が良い点があります。

ウェアと下着のポイントをおさえて、快適な環境でピラティスのクラスに臨みましょう。

ウェアの選び方

まずはウエストを締めすぎずないもの、手首や関節も締めすぎないものを選ぶことが大切。

エクササイズでは身体を伸ばしたりひねったりと動きが多いため、あまりひらひらとした服装も適しません。伸縮性の良い生地がおすすめです。

以上の点を守っていれば、Tシャツにスウェットでも構いません。身体にぴったりとした服を着ていると、インストラクターに身体の動きとラインがはっきり伝わるので、アドバイスを受けやすいというメリットがあります。

さらに、エクササイズの集中力を保つ点で、ファスナーやボタンなどがついているのも、あまり良くないでしょう。一般的なピラティスのクラスでは、レギンスにキャミソールか、ぴったりとしたTシャツを着ている人が多いようです。

また、ピラティスのウェアには化学繊維の生地もありますが、コットンやレーヨンなどの天然素材も多くあります。肌触りもよく、吸湿性も高いので人気です。

スポーティーな服装が苦手な人は、コットンやレーヨン素材のものを選んでみてはいかがでしょうか。モチベーションを上げるためにも、自分好みのウェアでピラティスを楽しみましょう。

下着について

女性は下着のフックやワイヤーなどが痛みを引き起こす原因となるため、慎重に選ぶ必要があります。

また、他の悩みとして下着のラインを気にする人も多いようです。その場合はレギンスの上からスカートを履いたり、下着の色が響かないように工夫してみましょう。

スポーツブランドのウェアは、よく工夫されているものが多いのでおすすめです。

ピラティスのエクササイズであると役立つグッズ

特に寒い時期には、前開きのジャケットなど羽織るものが1枚あると便利でしょう。長袖や防寒用インナーを着てしまうと、暑くなったときにエクササイズの途中で脱げないからです。

手足の冷えも、体には大敵となります。レッグウォーマーやアームウォーマーなど、ピラティスに使える冷え防止グッズもあるので活用してみましょう。体温調節はエクササイズの集中力にも影響するので、気をつけてください。

クラスを体験して、他の人の服装を参考にしよう

ピラティスに適した服装とは、身体にぴったりとした服がおすすめです。もし、ピラティスのクラスに通おうとしている場合は、1度見学に行ってみてはいかがでしょうか。

ヨガレッスンを行っている大手のスタジオであれば1,000円以内で体験レッスンを行っているところもあります。体験レッスンで、インストラクターや通っている生徒さんがどんな服装をしているか、参考にしてみてください。

資格を持つプロからピラティスを学ぼう

ピラティスはしっかりとしたメソッドに基づいて行うのが効果的なので、初心者の方は資格を持つインストラクターから学ぶのがいいでしょう。

ピラティススタジオ「ピラティススタイル」には、国際的な資格を取得したインストラクターが多く在籍しており、様々な流派のピラティスを学ぶことができます。

「ピラティススタイル」では、グループレッスンの体験を1,000円、プライベートレッスンの体験を5,000円で行っているので、気軽に参加してピラティスの効果を実感してみましょう。

ピラティススタイルを予約(公式サイト)