岩盤浴に必要な持ち物とは?岩盤浴着・タオル・水分は必須。

記事の著者:Siena編集部

ダイエット、美肌、デトックスなど、嬉しい効果を期待できる岩盤浴。初めて行くときは、何を持っていけば良いか分からず、戸惑ってしまうものです。

ここでは、岩盤浴で必要な持ち物について紹介します。施設によって差があるので、不安な人は事前に施設に確認しておくと安心です。

岩盤浴に必要な持ち物リスト

岩盤浴に行くとき、最低限必要となるものは下記の7つです。

  • 岩盤浴着
  • タオル類(バスタオル1枚、フェイスタオル2枚)
  • フェイスタオル
  • 下着
  • 化粧道具やヘアゴム
  • 水分

岩盤浴着

岩盤浴は裸で入るものではないので、岩盤浴中に着るものが必要です。作務衣タイプの岩盤浴着を貸し出してくれる施設が多いですが、用意のない施設では自分の衣類を持って行かなければなりません。

Tシャツや短パンなど、汗を吸収してくれる素材の服を用意しましょう。温かい岩盤の上に寝転がるので、露出が激しいものは避けたほうがベター。

レンタルをしている場合、衣類の持ち込みがNGの施設もあるので、事前に確認しておくと安心です。

タオル

岩盤浴着同様、貸し出してくれる施設が多いですが、用意のない施設に行く場合はバスタオル1枚、フェイスタオル2枚を目安に持っていきましょう。普段から汗をかきやすい人は、余分に持参しておくと安心です。

石が思ったより熱い場合にも、タオルを敷くことで調整できるので役立ちます。施設によっては、タオルの販売をおこなっている場合も。

下着

岩盤浴中は下着をつけないことが多いです。つけていても汗で不快になってしまうので、最初から脱いでおいた方が気持ちよく利用できます。

下着をつけていても大丈夫な施設の場合、スポーツ用の下着がおすすめ。速乾性が高いので、汗を多くかいても普通の下着よりはベタベタにならずに済みます。下着をつけて入浴する場合はとくに、替えの下着を持っていきましょう。

化粧道具やヘアゴム

女性が岩盤浴に入浴するうえで、必要となるのが化粧品。化粧水、乳液などをアメニティーとして置いている施設もありますが、普段使っている物を使いたい人は持って行く必要があります。荷物になるのが嫌な人は、試供品を持って行くのがおすすめ。

また、クレンジングも必須です。岩盤浴で流れる汗には保湿効果があると言われており、化粧を落とした状態で入ると美肌効果をより実感できるようになります。

髪の長い人は、髪ゴムを持って行くこともお忘れなく。汗をかいた状態で岩盤に寝転ぶので、髪の毛がくっついてしまうことを防ぐために束ねておきましょう。

水分

岩盤浴では大量に汗をかくので、水分補給が必要です。汗をかきやすい人であれば、少なくとも500ml程度の飲み物を持っていきましょう。クーラーバッグに入れていけば、冷えた状態で飲めるのでおすすめ。

汗として体内から失われる水分を補給すると、体に水分が行き渡り、代謝を高めて老廃物の排出を促してくれます。喉が渇いたという感覚は、かなりの水分を失ってからでないと得られないので、喉が渇いたと感じる前に少しずつ飲むのがポイント。

施設によっては、ウォーターサーバーを利用できるところ、岩盤浴室内は飲食禁止の場合もあります。事前に確認しておきましょう。

あると便利なものは、腕時計

岩盤浴の理想的な入浴法は1回あたり、うつ伏せ10分→仰向け10分です。自分の近くに時間を確認できるものがあると便利です。とくにメガネをかけている人は、岩盤浴室内ではメガネが曇ってしまうため、備え付けの時計が見えない恐れも。

そんなとき、防水で熱に強い時計があると役立ちます。お風呂用の時計であれば100均で売っているところもあるので、事前に購入しておくのもおすすめ。

岩盤浴に入浴するとき、持ち込んではいけないものは?

ここからは、岩盤浴の入浴時に持って入ってはいけないものを紹介。

コンタクトはOK、メガネはNG

岩盤浴ではコンタクトをしたままでも問題ありません。岩盤浴は湿度が高い場合が多いので、コンタクトが乾くということもあまりないので心配しなくて大丈夫です。

ただし、メガネは変形したりコーティングが剥がれる恐れがあるので、持ち込まないほうがベター。どうしてもという場合には、お風呂用のメガネがおすすめ。

スマホ・ゲーム機器はNG

スマホやゲーム機器の持ち込みは控えましょう。岩盤浴内は室温も湿度も高いため、機械に負荷がかかって故障の原因になることもあります。

たまにはスマホから離れて、リフレッシュしてみるのもおすすめです。岩盤浴中は何もしないでぼーっとするだけでリラックスできます。