短期間でダイエットを成功させる方法。無理のない目標とスケジュールが鍵

記事の著者:Siena編集部

ダイエットを実施して、短期間で効果が出るとうれしいもの。同窓会や重要なイベントが、一週間後に迫っているなど、短期間で痩せたいときがあると思います。そんな時に使える、短期間でダイエットを成功させるコツを今回は紹介します。

また、短期間のダイエットだからと言って健康を害するものでは意味がないので、短期間で健康的に痩せる方法がオススメ。短期間ダイエットを成功させて、長期間ダイエットにも挑戦してみましょう。

短期間ダイエットには食事制限が大切

短期間でダイエットできる方法で、すぐに思い浮かぶのは、飲まず食わずの絶食ではないでしょうか。たしかに痩せるとは思いますが、体調には良くありません。

ダイエットの基本は、健康的に痩せることです。そのため、食事を摂りつつ、痩せる方法を見ていきましょう。

糖質を減らす

短期間ダイエットでは、食事は摂りますが、食事の内容を改善します。糖質は、余った糖分を脂肪に変えるだけではなく、水分も溜め込む性質があるのため、糖質を多く摂れば、みるみる太ってしまう結果に。

短期間でダイエットするためには、摂取する糖質を制限して余分な水分も排出しましょう。

お菓子や菓子パンは食べない

糖質や脂質を多く含む菓子パンやお菓子類は、絶対にやめましょう。朝食や仕事中などに間食をする人は要注意してください。

また、間食だけでもかなりの糖質を摂取しているため、ジュースなどの飲み物もお茶か水に変えましょう。缶コーヒーや炭酸飲料、スポーツドリンク、これらの全てに砂糖が使用されており、多くの糖質を摂取していることになります。

短期間で痩せるには運動するのも大切

短期間で痩せるためには、食事制限だけではなく、運動も大切です。摂取するカロリーを抑えたら、消費するカロリーも多くすることが大事なので、1日に運動する量を増やし、代謝も良くしましょう。

運動と言っても、いきなりジムに通って鍛えるというわけではなく、普段、車や電車を使うところを歩いてみる、もしくは自転車に変えるといったすぐに実践できそうなことから始めること。辛いことは長続きしないので、無理のない計画を立て、続けることがコツです。

また、自転車や歩くことは、ダイエットに最も良い有酸素運動です。会社の帰り1駅早く降りて、ゆっくり歩いて帰るのも良いでしょう。

普段、家でテレビをごろ寝で見ているところをスクワットや腹筋、腕立て伏せしながら見るというのもアリ。とにかく、できることからスキマ時間や普段、じっとしている時間を有効に運動しましょう。体も健康的になり、太りにくい体に近づくことができます。

生活習慣を見直すことも短期間で痩せるためには大切

太りやすい体質になってしまった大きな原因は、普段の食生活と生活習慣です。短期間でダイエットしたい人の多くは、食事に偏りがあったり、間食が多かったり、普段、運動もせずに家でごろごろしているということに覚えがあるのでは。

また、それらに当てはまらない人にも夕食が遅く寝る前になってしまったり、お酒を飲む機会が多かったり、暴飲暴食をしているというケースもあります。これらは、全て太る原因です。

このような生活習慣を変え、バランスの取れた食事をし、健康的で若々しい体を維持することに努めましょう。お酒はなるべく控え、水分を多く摂り、寝る直前の食事は控ること、糖質は抑えても、タンパク質をしっかり摂ることが大切。タンパク質を摂らなくなると筋肉が落ち、基礎代謝が下がり、リバウンドしやすい体になり、逆効果です。

また、毎日体重計に乗るのも継続することのコツ。体重の変化は、ダイエットをする励みになりますし、食生活や運動の目安にもなります。

目標をもって取り組むことは、何より大切です。無理のない目標とスケジュールで、健康的に短期間ダイエットに取り組んでください。