アラサー向け本気のダイエット法。過度の食事制限には要注意。

記事の著者:Siena編集部

年齢を重ねると、基礎代謝の低下によって段々痩せにくくなるもの。最後の痩せ期と言われるアラサーのうちに、痩せた体型をキープしたいという人も多いはずです。

年齢とともに基礎代謝が低下し、筋肉が衰えていくと、カロリー消費に時間がかかるようになります。基礎代謝の平均値は10代女性が1,250kcal、20代女性が1,210kcal、30代女性が1,170kcal。10代女性と比べると80kcalの差が生まれてしまうのです。

20代前半までは、成長ホルモンの分泌が活発なので疲労回復も早く、あまり疲れているという実感を持つことは少ないはず。しかし、年齢とともに成長ホルモンも減少し、疲労回復や脂肪燃焼にも時間がかかるようになるので、痩せにくくなります。

30代は女性ホルモンの分泌が安定しやすくなるため、心と体の安定が保ちやすく、20代より長期的なダイエットがしやすくなります。

アラサー向けのダイエット方法とは?

過度の食事制限は、リバウンドを引き起こします。食事と運動のバランスを保ちつつ、健康的にダイエットをしていくことが大切です。

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは糖質(炭水化物)を減らすことで体脂肪が増えにくくなり、運動による効果を上げられるダイエットです。重要なことは、糖質を完全にカットしないということ。完全にカットした生活を繰り返すと、体はエネルギーを作ることができなくなるので、少しでも糖質をエネルギー源として利用するように変化。ダイエットをやめた後、リバウンドする可能性が大幅にアップしてしまいます。

過度な食事制限は、年齢が高い人ほど消費が遅くなり、体脂肪として蓄積しやすくなってしまいます。運動をしていないとさらに基礎代謝が落ち、太りやすく痩せにくい体になってしまうので注意しましょう。

体に合わない無理な方法で続けてしまうと、命に危険が及ぶ可能性もあるので、自分の体に合ったやり方でダイエットをすることが重要です。

スクワットダイエット

食事の量や質を変更するだけでなく、運動をすることもダイエットには重要です。

スクワットは、3回で腹筋100回分の効果を得られる、とも言われる運動。日々回数を増やして体を鍛えていくことで、基礎代謝が向上し、痩せやすい体を手にすることができます。また、下半身の運動なので、ヒップアップやむくみの解消などの効果も期待できます。