寝ながら瞑想するには。寝ながら行うメリットも紹介

記事の著者:Siena編集部

瞑想というと、胡座を組んだり、椅子に腰掛けて行うスタイルを連想される方が多いことでしょう。しかし、寝ながら行うことができる瞑想法があります。楽な姿勢で瞑想ができるので、特に初心者の方には向いている瞑想法です。

今回は寝ながらする瞑想法のやり方とその注意点をまとめてみます。

本格的に瞑想を行ってみたい方はヨガ教室に通ってみてもよいでしょう。ヨガLAVAでは初心者にも丁寧に指導してくれます。

LAVAを予約(公式サイト)

寝ながら瞑想をするメリット

寝ながら瞑想するなんて、なんとも横着ではないかと感じてしまいます。しかし寝ながら瞑想することで、いくつかの利点があります。

初心者に向いている

瞑想初心者にとって、胡座をかいたり座禅をしたり、背筋を伸ばして座ることが苦痛に感じることがあります。慣れない座り方では集中力が削がれ、瞑想状態に入る上での妨げになります。

身体が楽な寝る姿勢では、集中して瞑想に取り組めるので、とても初心者に向いています。

やりやすく続けやすい

私たちが毎日就寝するには、ベットや布団に寝転びます。寝ながらする瞑想は、その時を利用してできますので、やりやすく続けやすいのが特徴です。今まで瞑想が長続きしなかった人は寝る前のひと時を利用して瞑想を行ってみてはいかがでしょうか。

腹式呼吸がしやすい

寝ながらする瞑想は、体に負担がかかっていないので、楽に腹式呼吸ができます。腹式呼吸が苦手な人にはとても有効です。

寝ながら瞑想する方法

それでは、寝ながら瞑想するやり方をご紹介します。

①仰向けに寝ます。足はやや楽に広げ、両手は手のひらを上に向けて、体の脇から少し離して置きましょう。

②ゆっくりと呼吸をします。

③足先を振るようにして、足の付け根から足をゆらゆらと動かしてください。足の力が抜けたら動きを止めましょう。

④背中と腰を左右に揺らして上半身の緊張が解けたら、背中をマットに上手く落ち着けて動きを止めます。

⑤足先からふくらはぎ、お尻、腰、お腹といったように、下半身から上半身にかけて体の力が抜けて、リラックスしていくのを感じてください。

⑥だんだんと呼吸がゆっくりとするのを感じながら、さらに、指先から二の腕、肩から喉へとリラックスしていきましょう。

⑦瞼や眉間の力を抜いてください。

⑧頭の中がスッキリして呼吸が楽になってきます。

⑨お腹が温かくなり、その暖かさが全身に広がるのを感じることができます。

寝ながら瞑想する時の注意点

寝ながらする瞑想はとてもリラックスできる瞑想法です。その一方で注意しなければならないこともいくつかあります。

寝ながら瞑想すると、眠ってしまう

寝ながら瞑想すると、そのまま眠ってしまうこともあるでしょう。横になるとそのまま眠り込んでしまう人には、寝ながらする瞑想は向いていません。

しかし、呼吸に意識を集中させることで眠り込んでしまうことを防ぐことができます。呼吸に意識を集中していれば、心地よい状態を保ちながら瞑想を続けられるでしょう。

少なくとも10分以上その状態を保った後に眠りにつくのであれば、むしろとても深い睡眠ができるようになります。

毎日をマインドフルネス状態に

寝ながらする瞑想は、毎日でも気軽に簡単にできます。それがほんの10分であっても、1年2年と積み重なれば、あなたの人生にとって、とても大きな効果となって現れます。

心豊かで幸せな毎日を送るために、ぜひ今晩寝る前の時間を使って寝ながら瞑想をしてみませんか。

また、ヨガに通うことでより簡単に瞑想状態になることができます。

ヨガLAVAでは日本人女性の体型・体質に合ったプログラムを提供しているので、頭や心、身体の調子がよりよくなるでしょう。全国に290店舗以上展開しているので、仕事帰りに体験ヨガに訪れてみてください。

LAVAを予約(公式サイト)