瞑想中に寝てしまう原因。瞑想の効果をアップさせるコツとは

記事の著者:Siena編集部

今、スポーツ選手や大手企業も集中力を高める効果があると注目され、取り入れられている瞑想。今回は瞑想中に寝てしまう原因と、その対処法についてお話していきます。

いざ瞑想をやってみても、気が付くと寝てるなんて経験をした方は多いはず。何度やっても寝てしまうので、瞑想に効果があるのか疑問になり、瞑想をやめてしまった方もいるのではないでしょうか?

また、瞑想する人にとても関心を寄せられているホットヨガもおすすめ。大手ホットヨガスタジオカルドなら、緊張した交感神経の働きを鎮め、心と身体のバランスを正常に保てます。

カルドを予約(公式サイト)

瞑想中に寝てしまう原因とは?

瞑想すると、心も身体もすっきりとして、大変気持ちが良いものです。ついつい瞑想をしながら寝てしまったという話もよく聞きます。集中力を高めるために用いられる瞑想なのに、なぜ寝てしまうのでしょうか?

疲れていて睡眠時間が少ない場合、人間は体を休めるために体の反応として無意識に睡眠しようとします。特に瞑想は目を閉じて、体を横にして休ませる形なので、眠気を誘って当たり前です。

瞑想を行う前に、十分な睡眠を取って体を休ませておくと、寝てしまわずに瞑想に深く入ることができるかもしれません。

瞑想中に寝ないための3つの対処法

十分な睡眠を取る

瞑想中に寝てしまう大きな原因として、カラダが疲れていて睡眠を必要としている場合があります。

まずは睡眠を十分にとってカラダを休ませてあげましょう。瞑想中に寝てしまっても構いません。寝てしまったら、体を休ませるために睡眠を取ったと理解し、また次の日に改めて瞑想してみましょう。

瞑想の楽しさを知り、気づきを持つ

瞑想中に退屈してしまったり、飽きてしまったりすることはありませんか?その結果、眠くなってしまうことも。

瞑想することは、日常生活で起こる雑念を取り除き、心の働きを鎮める効果があります。その効果を体感する楽しみを見つけることで、瞑想中に眠くなることも少なくなるでしょう。

また、瞑想することで心や体の細かな変化を探して、それに気づくことは大きな収穫です。自分の変化に気づくことを繰り返していくうちに、眠ることはなくなっていくでしょう。

動きながら瞑想する

瞑想というと座禅を組んだり、寝転んだ状態で行うイメージがありますが、歩きながら行ったり、動きながら行う方法もあります。代表的なのはヨガです。

カラダを動かしながら瞑想をすることで、眠ることは少なくなるでしょう。

まとめ

瞑想中に寝てしまうことは珍しいことではありませんし、寝てしまっても良いというのが大前提になります。寝てもよいのですが、瞑想と睡眠は違うものだということは覚えておきましょう。

また、上記でも説明しましたが、瞑想中に寝ない方法として、ヨガがとてもおすすめです。大手ホットヨガスタジオカルドは、瞑想による効果を期待したい方に向けたコースもあります。

集団レッスンでヨガを行えば、インストラクターがついてくれるので寝てしまう心配もなさそう。ホットヨガは瞑想と同じポーズなので、ヨガをしながら瞑想もできます。

カルドを予約(公式サイト)