リラクゼーションとは?マッサージとの違いや効果、種類などを紹介。

記事の著者:Siena編集部

近年、リラクゼーションサロンという癒しを目的としたお店が増えてきています。しかし、リラクゼーションについて詳しく知らない人も多いはず。リラクゼーションという言葉の意味を知ることで、心身の疲労を解消することができ、疲労やストレスといった悩みを解決できるようになるかもしれません。

リラクゼーションとは一体どのようなものなのでしょうか?マッサージとの違いや効果などについて知っていきましょう。

リラクゼーションとは

リラクゼーションという言葉は、弛緩や緩和を意味しています。一般的にリラクゼーションサロンとは、心身の緊張を解きほぐして、お客さんにリラックスしてもらうためのお店です。

リラクゼーションとマッサージとの違い

リラクゼーションとマッサージはよく混同されることがありますが、全く異なります。

マッサージというものは、医療目的で行われるもので国家資格が必要なもの。

一方、リラクゼーションは国家資格がなくても施術がおこなえます。そのため、リラクゼーションには効果がないと思われることもありますが、そのようなことはなく、リラクゼーションサロンもお客さんにリラックスしてもらい、目的にあった効果が出るように研修などをおこなっています。

リラクゼーションに関連した専門学校があったり、民間資格ではありますが、証明するものもあるため、安心して利用することが可能です。

リラクゼーションの種類

リラクゼーションと一言で言っても、種類はたくさんあります。

たとえば、エステサロンもリラクゼーションの1つ。ほかにもアロマエステやリンパ流しのようなマッサージに近いことも、リラクゼーションです。

また、人の手によるものだけではなく、岩盤浴や酸素カプセルもリラクゼーションに含まれます。

リラクゼーションの効果

リラクゼーションには、意外と多くのの種類がありますが、その種類によっても効果が異なります。

リラクゼーションで疲労回復

種類にもよりますが、リンパを流すこと、また筋肉をほぐすことで疲労を軽減する効果が期待できます。

また多くの場合、サロン側も来店者にリラックスしてもらえるよう、店内の雰囲気やアロマ、ヒーリング音楽にこだわっていることがあります。リラックスして癒されるため、体だけでなく精神的な疲労も軽くしていくことが可能です。

リラクゼーションの肩こりや腰痛に対する効果

リラクゼーションサロンではマッサージなどの医療行為がおこなえません。またマッサージで肩こりが治る、といったような言葉は厳禁です。しかし、リラクゼーションには、リンパ流しやこわばった筋肉をほぐすこともおこなわれているため、肩こりや腰痛を楽にする期待もできます。

また、マッサージのための資格を持った人が、リラクゼーションサロンに雇われている場合も。痛みを改善したい場合は、お店に確認を取っても良いかもしれません。

リラクゼーションの美容効果

痩身や小顔効果を生み出す施術をしているリラクゼーションサロンも多くあります。リンパを流したり、血行を良くして代謝を上げることができるため、痩身や小顔効果を期待することも可能です。

リラクゼーションサロンは適度に通うことが大事

リラクゼーションによる効果は、1度来店するだけでは、効果を持続させるのは厳しいもの。もちろん施術した直後は効果はありますが、時間の経過とともに、もとに戻ってしまいます。

そのため、2週間に1回のペースで通うのがおすすめ。サロンでのアドバイスを日常生活に生かすことで、効果を引き延ばすことも可能です。