炭水化物抜きダイエットの効果とは?無理な糖質制限はリバウンドのもと。

記事の著者:Siena編集部

近年話題になっている炭水化物抜きダイエット。多数のメディアで紹介され、試してみたいと思っている人も多いはず。しかし、ただ炭水化物を抜けば良いわけでないため、正しい知識を身につける必要があります。

炭水化物抜きダイエットは、主食であるご飯やパン、麺、イモ類などに多く含まれる炭水化物の摂取量を制限します。代わりに、それ以外のものは基本的に何を食べても構いません。

炭水化物は糖質と食物繊維で構成されたもので、糖質は太る原因のひとつ。人間の体は糖質を分解し、活動するためのエネルギー源をつくります。余った糖質は肝臓や筋肉に溜まり、中性脂肪として体に蓄積。炭水化物(糖質)摂取を制限すると、エネルギー源である糖質が不足し、体脂肪がエネルギー源として利用されるので、脂肪を燃焼しやすい体になります。

炭水化物抜きダイエットの注意点

炭水化物抜きダイエットは、リバウンドしやすいダイエット方法。間違った方法を実践していると、体に不調をきたす恐れがあるので、正しい知識を身につけておこなうようにしましょう。

糖質摂取量を0gにはしない

炭水化物を制限をしますが、徐々におこなうことが肝心。急に糖質を取らなくなると、体は必要なエネルギーが摂取できなくなり、変化に対応できずに便秘などを引き起こします。またストレスを感じやすく、ダイエットを続けることが難しくなるので、無理のある糖質制限は禁物です。

ダイエット後に気を抜かない

炭水化物抜きダイエットが成功して、糖質制限を終了するときには要注意。ダイエット終了後、大量の炭水化物を取ってしまうと、炭水化物をうまくエネルギー源として利用できずに、体に余らせてしまい、リバウンドしがちです。体重をキープするためにも、炭水化物の量は少しずつ増やしていきましょう。

また、慢性的な糖質不足は筋肉の分解を促進するので、長期間おこなう場合は、プロテインなどでタンパク質を補う必要があります。

栄養バランスを考える

肉、卵、チーズだけを食べ続けていると、食物繊維不足による、腸内環境の悪化が起こります。腸内環境を整えることは、ダイエット必須の条件。食事量を減らしても痩せない人は、腸内環境の悪化による菌の減少が原因として考えられます。少々糖質を含む野菜も、きちんと摂るようにしましょう。

また、野菜や海藻の色素や苦みなどの成分は、体内で常に発生される活性酸素を除去し、病気の予防に効果的です。

糖質制限ダイエットをおこなう際、糖質をオフにするだけでなく、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、バランスの良い栄養摂取を心がけましょう。