冬よりも夏の方がダイエットに向いている?夏に上手に痩せる秘訣を知ろう。

記事の著者:Siena編集部

夏は、水着やシースルーの服を着たり、ボディラインを見せる機会が多くなる季節。毎年夏になると、痩せたいと感じるという人も多いはず。

夏は暑いので汗がでます。それを利用してダイエットができるのです。運動によって夏に大量のカロリーを消費できれば、痩せること間違いなし。冬よりも夏にダイエットをするメリットを知り、効率よく痩せましょう。

夏ならではのダイエットのコツとは

夏ならではのダイエットのコツとして、水分補給をこまめにすることと、筋肉作りや健康な体作りを意識することがあげられます。真夏は熱中症対策として、こまめな水分補給が大切になります。ダイエットをしようと運動をしている人や体力仕事をしている人は、とくに気を付けましょう。

暑いときは汗と一緒に塩分もでてしまうため、スポーツドリンクがおすすめです。夏は代謝が上がるように思われていますが、実は基礎代謝が下がりやすく、食欲減退や糖質に偏りがちな食習慣になりがちです。そのため夏のダイエットは、筋肉作りや健康な体作りに力を入れるようにしましょう。

筋肉づくりに必要な栄養素

ダイエットにまず効果的なのは、筋トレです。筋肉をつけることによって、代謝が上がり、痩せやすい体を手に入れることができます。必要な栄養素を効率よく摂取しましょう。

タンパク質

筋肉を作るのはタンパク質です。魚や肉、卵、大豆製品などに多く含まれており、ビタミンB群を多く含むタンパク質を摂ると効率よく代謝されます。

レバーや豚肉、サバ、サンマ、うなぎ、納豆は、ビタミンB群とタンパク質の両方が摂れるのでおすすめの食品です。外食であれば豚の生姜焼きや豚丼、うな丼などがおすすめ。コンビニであればサバの味噌煮、サンマの蒲焼などの缶詰を活用してみましょう。

糖質

糖質は脂肪のもと、という印象があるかもしれませんが、筋肉を作るためには糖質も欠かせません。糖質はご飯からお菓子まで幅広い食品に含まれていますが、良質な糖質を摂取することがポイントです。

タンパク質と糖質を効率よく摂るには、玄米や胚芽米などのご飯に、タンパク質が摂れる魚の缶詰や肉などの具をトッピングして丼ぶりにするのが簡単です。これに野菜の味噌汁やサラダを加えれば栄養バランスもバッチリ。

また、よく噛むことも重要です。噛んだときに唾液がでることで食べ物の分解に役立つため、1口で15~20回程噛んで飲み込むのが理想です。

夏ダイエットにおすすめな運動

夏のダイエットには、ウォーキングや水泳、サイクリングがおすすめです。

ウォーキング

夏は春、秋、冬に比べると汗をかきやすいので、ダイエットをするには最高のシーズン。しかし、紫外線がとても強いので、運動する場合は時間を選ばなければなりません。1番暑くて汗をかきやすい時間帯は、昼間の14時頃で、熱中症になってしまう可能性が高く危険。朝の6時から8時までか、夕方の16時から19時がおすすめです。

また、夏は湿気があるので、このなかでウオーキングをおこなえば汗がダラダラとでてきます。ただし脱水症状にならない様に、くれぐれも水分補給を忘れないようにしましょう。

水泳

水泳は、腕から足の先までの普段使わない全身の筋肉を使うので、筋肉が付く健康的な運動。夏こそ水泳の季節なので、全身の筋肉を使いながらダイエットにも励みましょう。

また、水泳でもしっかりと汗をかくので、定期的に水分補給はおこないましょう。基本的に水泳は競技では無い限りは自分のペースでできる運動なので、他人のスピードを気にしないで、自分のペースでできることもメリットです。

サイクリング

夏は気温も湿度も高いので、全身運動となるウォーキングや水泳がダイエットには望ましいのですが、体質的に疲れやすい人や家の近くに河原やプールが無い人は、自転車で少し遠出をしてみるのがおすすめ。

もし可能であればロードバイクを購入しましょう。ロードバイクにはドリンクホルダーが付いているので、水分補給をしながら体を動かすことができます。ウォーキングに比べると単調ではなく、飽きにくいと言うメリットもありおすすめです。

筋トレ

普段から筋肉トレーニングをおこなっていない人には少し抵抗があるかもしれませんが、筋トレもダイエットに効果的です。夏は気温が高いので、筋肉の温度も高くなり、体全体の筋肉の緊張状態も弱まっていて柔軟性が高まるのです。

柔軟運動はしたほうが良いですが、冬に筋肉トレーニングをするよりも、筋を違えたりなどの怪我をするリスクが少ないのです。体に筋肉を付けることで、さらに新陳代謝が高くなるというメリットもあります。

夏ダイエットにおすすめな食事とは?

夏にダイエットをおこなうときには、間食をなくし、炭水化物を減らすことが大切です。

カプサイシンで発汗

辛い物を産みだすスパイスはいくつかありますが、そのなかでもおすすめなのは唐辛子を使用したもの。

唐辛子にはカプサイシンと言う成分が含まれていて、発汗作用を促すので、体内の新陳代謝が上がり、美味しい物を食べながら汗を掻くことが可能なのです。とくに、麻婆豆腐や鶏肉と鷹の爪の炒め物などがおすすめです。

間食はしない

夏のダイエット以外にも言えることですが、間食は控えるようにしましょう。

どうしてもお腹が空いてしまったときには、糖質の少ないものを選びましょう。糖質を摂取すると血糖値が上がります。血糖値を下げるためにインシュリンが分泌されますが、インシュリンが糖を脂肪細胞にため込む働きをしてしまうのです。

炭水化物は少なめに

間食を避けるのと同様、炭水化物も少なめにすることで、食事制限ダイエットの成功率が上がります。できれば、朝や昼は炭水化物を半分、夕食では炭水化物を無しにするのがおすすめです。

甘いものには中毒性があるので、最初の1週間は慣れないとつらく感じるかもしれませんが、1週間も過ぎると、むしろ調子が良くなってくはずです。

タンパク質をしっかり摂る

基礎代謝の基になる筋肉をできるだけ減らさないよう、タンパク質はしっかり摂ってください。目安としては体重1kgあたり1g。60kgの人であれば1日60gはしっかりとタンパク質を取るようにしましょう。

また、肉や魚に含まれるビタミン群や油は脂肪を燃やす燃料になるので、食事制限ダイエットだからといって肉や魚を食べないと、脂肪を燃やすことができなくなってしまいます。

ジュースやお酒をやめる

食事制限ダイエット中の飲み物は、基本的に水かお茶のみにしましょう。果汁100%ジュースには果糖が多く含まれていますし、カロリー0のジュースにも甘味料が多く入っています。

また、アルコールですが、ビールやワインには糖質が多く含まれているため、血糖値を上げてしまうので避けるようにしましょう。