O脚を改善するストレッチとは?毎日継続しておこなうことが重要。

記事の著者:Siena編集部

女性を中心に、O脚に悩む人は多いはず。原因、また改善方法はどのようなものがあるのでしょうか?

O脚とは、脚がアルファベットのOのような形をしていることから、つけられた名前。見分ける方法は、まっすぐ脚をぴたっとくっつけたまま立ちます。両ひざがくっつけばO脚ではありません。正面から見て、すらっとした綺麗な脚に見えにくいので、なるべく治したいもの。毎日のストレッチで、少しずつ矯正しましょう。

O脚の原因

生まれつきの軟骨形成不全によって起こる場合と、日々の生活習慣によっての2種類があります。生まれつきの場合は、自分で改善することは難しいことも。

生活習慣が原因で起こる場合の原因は、骨盤の歪みであることがほとんど。足を組んで座ったり、片側に重心がかかったりする座り方をすると、骨盤が歪みやすくなり、O脚につながります。また歩き方が悪いこともO脚の原因。足の指先に力がかかる歩き方が理想ですが、かかとに力がかかってしまうと、O脚を発症しやすくなります。

O脚を改善するメリット

O脚は骨盤のずれによって起こることがあります。骨盤が正しい位置にないと、新陳代謝が悪化し、太りやすい体に。とくに下半身は代謝が鈍りやすいため、骨盤のずれは下半身太りの原因になりかねません。骨盤を矯正すれば、O脚の改善とともに、痩せやい体質を得ることが可能です。スタイルキープやスタイルアップのためにも、O脚の改善しましょう。

また、O脚は体の一部に負担をかけてしまいます。そのため一部の筋肉が緊張し、腰やひざを痛める原因になります。

O脚を改善するストレッチ

ストレッチでO脚を改善することが可能です。毎日継続しておこないましょう。

大腿筋膜張筋のストレッチ

椅子の横に立ち、座面に手をかけながら伸ばすほうの足を斜め後ろにだしていきます。もう一方の足はひざを立てましょう。伸ばしているほうの足に体重をかけ腕に力が入らないように注意してください。

大腿筋膜張筋とは、太腿の外側、前側にある筋肉のこと。この筋肉は骨盤の上部からひざ周辺まで通っています。

腸腰筋のストレッチ

まず片方の足のひざを立たせ一歩前にだします。反対の足は爪先は立てず、足の甲を床につけておきましょう。体重はひざを立たせたほうの足にかけ、重心を前にやや傾けてください。

腸腰筋とは、太ももの付け根の深層部にある筋肉のこと。

ぺたんこ座りストレッチ

ひざを立たせた状態で床に座ります。爪先は外に向けて開き、手は、ひざの下にある骨に置いていきます。この状態のまま手を床に押し付けていき、ひざを曲げずにゆっくりお尻を下げましょう。

このストレッチでは開いてしまった骨盤を閉じる効果あります。

整体でO脚を改善する

日常生活で少し気をつけることで、O脚の改善を期待できます。ストレッチは、毎日行うことが大切です。

しかし、セルフストレッチだけで効果がなかなかでない場合、カラダファクトリーがおすすめです。プロに整体を受けることで、よりO脚の改善が期待できます。また、整体により骨盤の矯正だけでなく、便秘の解消なども期待できるのも嬉しいポイント。

カラダファクトリーを予約(公式サイト)