人気モデルもやっていたモデルのダイエット法:食事からトレーニングまで

記事の著者:Siena編集部

テレビやSNSなどでダイエットに成功したモデルの写真を見ることがあるでしょう。そんなモデルの写真を見ると、自分も美しい体型になりたい、とダイエットのモチベーションが上がるはず。しかし、実際にどんな方法でダイエットをすればいいのかわからないという人も多いのでは。

そこで、人気モデルのダイエット法を紹介したいと思います。自己流のダイエット法ではなく、他の人が成功したダイエット法のほうが成功しやすいので、参考にしてみてください。

益若つばささんのダイエット法

出産を機に太ってしまった益若さん。産後のダイエットのためにやっていたことは4つ。

「全身ストレッチ」「運動をする」「骨盤矯正」「食事内容」です。

食事内容

ブログにもたびたび紹介されているのが、お鍋。野菜やキノコといった低カロリーなものでおなか一杯になれて、美肌効果も抜群。具を工夫すればかなりヘルシーに仕上げることが可能です。

夕食のみ炭水化物を控えている益若さん。そのため、お鍋はとても効果的です。さらに、ダイエット中は具がたくさん入った野菜スープがおすすめ。お腹もいっぱいになり、お肌にもよい食材をたくさん入れて煮込めばおいしいですよね。

また、飲み物は水かお茶だそうです。スポーツドリンクは病気中にはいいですがダイエット中には大敵です。

骨盤矯正

産後に取り入れたのが骨盤矯正。女性、とくに出産を経験した女性は骨盤の位置がゆがみやすいとされています。

骨盤のゆがみは、姿勢が悪くなり、筋力が低下するばかりか、代謝が下がり、内臓脂肪がつきやすくなるなどダイエットにも悪影響なことがたくさんあります。

簡単に骨盤直しをする方法はお尻歩きです。お尻歩きとは、文字通りお尻で歩くことで、骨盤矯正のほかに便秘にもいいんです。

運動

益若さんはジムでトレーニングする際はサウナスーツを着用しているそうです。代謝があがり、その分消費カロリーも多くなるので効果的なのでおすすめ。そして運動する前にはプロテインを飲んでいるそうです。プロテインは女性のダイエット目的で飲んでも効果があります。

プロテインを飲むことは、運動前にタンパク質を摂取することで、より効率よく脂肪を燃焼、また筋肉を作り、代謝を上げる効果が期待できるのです。見た目を引き締めたい、程よい筋肉質な身体をめざしたい方にもおすすめ。

しかし、プロテインの中でも糖質が入っていては意味がないので、糖質が低いものを選ぶようにしましょう。

ぺこさんのダイエット法

体重が10キロもやせたぺこさん。いったいどんなダイエットをしたのでしょうか?

19時以降は食べない

19時以降は食べないように徹底していたようです。夜中、お腹がすいたら炭酸水や水、お茶などでごまかしていたようです。

食べたものをメモする

いわゆるレコーディングダイエット。日記代わりにもなり、便利です。

無理な運動はできるだけしない

無理な運動をしてもあとで跳ね返ってくるだけです。また、やる気が続きません。

毎日の足マッサージ

ぺこさんは毎晩足マッサージをしているようです。リンパの流れを良くして足を細くしますし、美脚にもなれます。一石二鳥ですね。

佐々木希さんのダイエット法

世界で美しい100人にも選ばれた佐々木希さんのダイエット法を紹介します。

きゅうりでむくみ解消

キュウリに含まれるカリウムは、体内の塩分を輩出し、むくみを軽減する効果があります。キュウリに含まれているトルリンは血管を広げる作用があるので血液の流れがよくなり、老廃物の排出も促してくれるのです。キュウリに含まれている成分にはダイエットの大敵であるむくみの改善などに効果も。

さらに、キュウリは水分がとても多く、1本14kcalと低カロリーなうえに、かたいのでしっかり噛み、満腹中枢が刺激され簡単に満腹感が得られるのもポイントです。抗酸化作用を含む酵素フィトクミカル成分というものもキュウリには含まれていて、これが血液をサラサラにしてデトックス効果があります。

そして、すりおろすことでホスホリパーゼという脂肪分解酵素が増えて、塩棒が分解されて代謝がよくなります。さらに、整腸作用もあるペクチンが便秘の改善にもなります。食事に1品つけるだけで代謝がアップ。

わかめで食物繊維をとりまくる

わかめは100gあたりのエネルギーが16kcalと低カロリーの食材です。いろいろな食事に加えることで、カサ増ししたり満腹感を得たりするにはちょうどいい食材です。わかめに含まれているビタミンA(カロテン)、ヨウ素は油と一緒に取ると吸収率がよくなります。

また、ビタミンB群も含んでいて、これは脂質や糖質や炭水化物の吸収を促進させ、血糖値が上がるのを抑制して体脂肪がつきづらくなる効果があります。ヨウ素は甲状腺ホルモンをつくために必要な成分です。甲状腺ホルモンは交感神経を刺激してタンパク質や脂質、糖質の代謝を高めるられます。

さらに、わかめはぬるぬるしていますが、その正体は低分子アルギン酸ナトリウムという水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維はゲル状でねばねばといった性質から便通改善も役立ってくれます。不溶性食物繊維に比べて腸内細菌に分解されやすく善玉菌をs増加してくれる効果もあります。

足をマッサージして代謝アップ

体内には、リンパ液が流れています。リンパが流れているリンパ管は静脈に沿うように張り巡らされていて血液や細胞の中の老廃物を取り込み、リンパ節という部分に運びます。リンパ節ではリンパの浄化も行われています。

そのため、リンパマッサージはこの流れをスムーズににすることで、水分や老輩部を輩出し、循環を良くします。これによって代謝もよくなり、太りにくい体質に改善されています。

リンパの流れを良くすることは、顔のむくみにも効果的です。頬骨に沿って耳のほうへ行き、耳から首へリンパを流し、そこから脇をぎゅぎゅとつかんで完了です。

リンパ液は血液より流れるスピードが遅いため、運動不足などが原因で、筋肉の動きが悪くなると流れにくくなります。そして、リンパの流れが滞ると、浄化作用がスムーズに動かす余分な水分の老廃物がたまります。

そのため、むくいやコリ、免疫力の低下などの不調の原因になり、太りやすくなってしまうのです。

夜は炭水化物を抜く

炭水化物ダイエットはご飯やパスタ、パン、果実などの炭水化物の摂取量を1日150g以下に抑えるダイエット法です。

これによって、身体の中にたまっていた脂肪がエネルギーととして燃焼され、太りにくい体質を作るということに繋がります。

三大栄養素でもある炭水化物の糖分は体内で中性脂肪に変わり、エネルギー源になります。使いきれなくなったエネルギーが太る原因で、あまったエネルギーは脂肪になります。

ただ、炭水化物ををぬくことによって集中力が欠落してしまうことがあります。これは脳の栄養素がブドウ糖なので炭水化物が不足し、脳に栄養素が足りてない状態です。

炭水化物を抜くならカロリー消費が少ない夜だけにした方が効果的でしょう。

肥満は急激な血糖値の上昇によって起こってしまうため、血糖値尾をコントロールすることで太りにくくなります。

酢やオリーブオイルには血糖値の急激な上昇を抑える作用があるので調理に利用をすることで工夫することで血糖値を下げることができます。

食事は内容だけでなく順番も大事

食事の時、まず野菜から食べるとダイエットに効果があります。それは、野菜が血糖値の上昇を抑え、糖質が脂肪に変わるのを抑制するからです。

日常の食事でも、「野菜」→「汁物」→「たんぱく質」→「炭水化物」というような順番で食べると、血糖値の急上昇が抑えることが可能。食品には血糖値を上げるものと、あまり上げないものがあり、パンやご飯のような炭水化物は食べるとエネルギーとなるので、すぐに血糖値が急上昇します。

血糖値が上がると、膵臓が血糖値を下げる働きがあるインスリンを分泌してくれるのです。野菜から先に食べることで血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので脂肪がつきにくくなります。

目安となるのが体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計った値、GI値です。GI値が低い野菜ほどゆっくりと体に吸収されていくため腹持ちがよく、ダイエットに最適な食材です。

加圧トレーニングで運動を!

加圧トレーニングとは腕と足の付け根に専用のベルトを巻き、個人にあった適正な圧力を加えて血流を制限し、トレーニングを行う方法です。

この状態でトレーニングをすることで少ない負荷で大きなトレーニング効果を得ることができます。

加圧トレーニングは適正に圧力をかけて行う必要があるため、加圧インストラクターが見ている状態で指示に従い行いましょう。

血流を制限すると、腕や足に血液が滞留することで、血圧が今まで流れていなかった部分へ流れ出すようになります。それにより脳が、この状態をハードなトレーニングを行っている判断して、少ない負荷で高負荷を得られ、短時間、短期間で筋力アップができる新感覚のトレーニングです。

加圧トレーニング後に専用ベルトを外すと高濃度でたまっていた乳酸が一気に体内に流れ、成長ホルモンの分泌が始まります。成長ホルモンは代謝に欠かせない重要なホルモンです。

また、加圧トレーニングは血管の拡張、収縮機能の活性化に効果があります。そのため、血液循環もうよくなり、アンチオエイジングと若返り効果が期待できます。