ホットヨガで疲れてしまう理由とは?長く続けるために、対処法を知ろう。

記事の著者:Siena編集部

ホットヨガには、ダイエット効果やむくみ解消など女性にとって嬉しい効果がたくさんあり、それらの効果を得るためには継続して定期的にレッスンを受講することが鍵となってきます。

しかし「ホットヨガをやっていると疲れるな…」と感じ、せっかくホットヨガをやっていても、続けられずやめてしまう人もしばしばいます。長く続けるためには、どんなことを気をつけるべきなのでしょうか?ポイントを抑えて、楽しくホットヨガを継続していきましょう。

目次

ホットヨガで疲れる理由とは?

ホットヨガは、特殊な環境のなかでおこなうヨガ。通常よりも体を動かすときに負荷がかかりやすい運動です。

高温多湿の環境でレッスンが疲労につながる

ホットヨガのレッスン環境は、室温39℃前後、湿度65%程度。これは、運動の即時中止が推奨される、日本の真夏と同等の環境です。

常にこの環境下で運動するとなれば、身体に強い負荷がかかるのは当たり前のこと。疲れが出るのは当然なのです。

普段、身体をあまり動かさない人は疲れやすい

また、筋肉の疲れも、ホットヨガ後の疲労の原因となります。普段はあまり身体を動かさない、という人は、レッスン負荷が強すぎて、筋肉痛などの筋肉の疲れが、なかなか癒えないという人が多いのです。

効果を得ることを急いで、オーバーペースになる人にも、同様の症状がよく見られます。

脱水症状による疲れ

ホットヨガでは、大量の汗とともに、体内の水分を大量かつ急激に失います。そんなときに誘発されるのが、脱水症状。全身の力が抜けて目がくらみ、最悪の場合、意識を失うことも。

身体に最大級のストレスを与えて、疲弊させてしまうのです。

レッスンの頻度が高い人は疲れやすい可能性が

大体のホットヨガスタジオの環境は、高温多湿なので、運動には不向きの環境です。しかし、1日1レッスン程度だったら、大きく体に害をなすことはありません。

しかし、なかには「より早く痩せたいから、1日に何レッスンも受けている」という人もいるはず。そのような人は、とくに体調を崩しやすいので注意が必要。

ホットヨガの環境は、普段の環境に比べると、気温の差がとても大きいもの。そんな環境でおこなうレッスンを1日に何回も受けてしまうと、自律神経が乱れて頭痛や肩こり、めまい、イライラ感などの不調が出てきます。

ホットヨガで疲れないための対処法は?

ホットヨガは、身体にさまざまな負荷を与えています。しかも、短期間では効果が出づらい運動。しかしホットヨガは、レッスンを受ける回数ややる際の注意点をしっかり守れば、安全に行える運動の1つ。ポイントを踏まえて、安心安全にホットヨガをおこないましょう。

水分補給を忘れない

ホットヨガをする際に疲れてしまう原因の1つの脱水症状を引き起こさないためには、水分補給が大切。

また、ただ水分を摂るのではなく、水分を摂る方法にも、2つのポイントがあります。1つめは、こまめに摂取をすること。身体が水分を欲するときには、すでに足りない状態。のどが渇く前に飲むのがポイント。

2つめは、水分を飲む際にはミネラルウォーターを飲むということが大切。ミネラルウォーターには、糖分や添加物などの余計なものが含まれないので、水分の吸収スピードが速くおすすめ。また、水分を摂る際には常温で、1リットル以上摂取できるのがベスト。

ビタミンB1やタンパク質を摂取する

ビタミンB1は、皮膚や粘膜の健康を守るはたらきがあり、筋肉の疲労回復効果が見込めます。玄米・豚肉・レバー・豆類などを食べることで摂取が可能。タンパク質は、筋肉をつくる材料となるもの。たんぱく質を摂ることで、疲れ知らずの強い筋肉ができます。タンパク質を摂る際には、鶏むね肉や大豆などがおすすめ。

これら2つの成分をまんべんなく摂ることで、普段身体をあまり動かさない人でも、疲れにくい身体を手に入れることができます。

クエン酸がおすすめ

クエン酸も筋肉の疲労回復効果があることで知られ、大きく3つの作用があります。1つめは、筋肉痛を引き起こす乳酸の分解作用。2つめは乳酸の生産抑制。3つめは新陳代謝の促進です。ビタミンB1やタンパク質よりも、直接的に筋肉にはたらきかけるので、身体の疲れがとれる実感が得やすいのが特徴。

そのため、レッスン後に筋肉痛を感じたときには、とくに進んで摂取するようにしてみてください。

少しでも不調を感じたら無理をしないこと

レッスン中に脱水症状や熱中症になってしまったりするなど、少しでも体に異変を感じたら無理せず休憩をしましょう。

このとき、冷やしタオルや保冷剤でクールダウンするようにしてみてください。

リラックスを心がける

また、ホットヨガは、過酷な環境下で負荷をかけられ、ストレスフルな運動。そのため、緊張はほぐして、しっかりとリラックスした環境でやることが大事です。

また、ホットヨガのレッスンを受けた日は、温かいお風呂につかって心身ともにリラックスしてください。そして、たっぷり睡眠をとり、疲れを翌日に持ち越さないようにしましょう。

1日に複数レッスンを受講するのは控えよう

ホットヨガのレッスンは、1日1レッスン程度だったら大幅に体調を崩すことはなかなかありません。しかし、より早く効果を得たいがために、1日に複数のレッスンを受けると体調を崩しやすくなる傾向に。

あまりに複数のレッスンを1日に受けると、温度差によって自律神経が乱れ、頭痛やめまい、動機などの症状を引き起こす場合も。そうなるのを避けるために、一気にレッスンを受けるのはやめましょう。

無理のない継続が大切

ホットヨガをおこなう上で大切なのは、自分に合ったレッスンの頻度。自分にとって心地よいペースを見失うと、途端にすべてのレッスンがストレスとなってしまいます。身体もこわばり、しなやかさも身につきません。ホットヨガのハードな環境に慣れるまでには、時間がかかります。身体的な効果を得るには、さらに時間が必要となるでしょう。

1回や2回で「自分にはできない…」と諦めてしまうことなく、継続を意識して、ホットヨガに取り組んでみてください。

ホットヨガと常温ヨガを楽しめるスタジオへ

ホットヨガは疲れてしまうけど、ヨガはやりたいという人におすすめしたいのが、大手のホットヨガスタジオLAVA。ホットヨガはもちろん常温ヨガも楽しむことができるので、ホットヨガ苦手な人でも安心してヨガをおこなうことができます。

初心者向けから経験者向けまで、さまざまな難易度のレッスンを受講できるので、いきなり難しいレッスンを受けさせられる心配もなく安心。

全国にお店があり、駅から近い店舗も多いのが特徴。仕事帰りにも休みの日にも気軽に利用することができます。

LAVAを予約(公式サイト)