ホットヨガをするときのベストな食事法とは?温かいスープで、消化を助けてあげる。

記事の著者:Siena編集部

近年、話題となっているホットヨガ。スタジオの数も増え、気軽にヨガを始められるようになってきていますが、食事はいつ食べるべき?何を食べるべき?と、気になる人も多いはず。

ホットヨガに限らず、さまざまなスポーツをおこなう際の食事で言われているのが、レッスンの1~2時間前までには軽く食事を済ませておくほうが良いということ。運動の前に食べすぎてしまうと、吐き気がしたりなど気分が悪くなってしまうことも。また、身体が重く感じてしまい、思うように動けなくなってしまうこともあり、体の不調となってあらわれてしまうのです。

ホットヨガは、大量の汗をかくのと同時に、大量のエネルギーを使います。過度な食事制限をしてしまうと、途中でフラフラしてしまったり、倒れてしまうという危険性も。ホットヨガをおこなう前に摂る食事には、どんなことに気をつけるべきなのでしょうか?

おすすめは消化に良い温かい食べ物

ヨガ前は、スープなどの温かいものやおかゆ、うどんなど、消化に良いものがおすすめ。ヨガの最中は、交感神経にアプローチしているので、消化機能が落ちている状態。揚げ物やアルコールなどを摂取してしまうと、胃がびっくりしてしまいます。

また、ヨガ後はしなやかな筋肉を作るために欠かせないタンパク質とビタミンCが多く含まれる肉や魚、卵、ブロッコリー、ピーマンといった食材を積極的に摂ることで、より美しい身体を目指すことができるかもしれません。

ホットヨガ後は水分補給を優先

ホットヨガ後の1~2時間は水分をしっかりと取って、なるべく食事を控えるのが望ましいです。

レッスン後の身体は、デトックスされている状態にあるため、普段よりも身体に吸収される量が増えるので、太る原因に。せっかくホットヨガをがんばっても、食事の方法を工夫しなければ、効果が薄まってしまうことに。

高カロリーは控えて

逆にホットヨガをする前後にあまりおすすめしない食べ物は、ファーストフードなど高カロリーの食べ物。ヨガの最中に胃が痛くなってしまう可能性やヨガで代謝が上がっていることによって、脂質や糖質を含む栄養素などの吸収率が上がります。つまり、余計にカロリーを摂取してしまうということ。

アイスクリームなどの冷たい食べ物や氷入りの飲み物にも注意。ホットヨガは、身体の内側の内臓まで温めることができます。そのため、急に冷たいものを体内に入れてしまうと。内臓に負担をかけてしまい、消化器官機能が低下してしまうことも。飲み物はなるべく常温を飲むように心がけたり、アイスクリームなどの冷たい食べ物はなるべく控えるのが無難でしょう。

過度な食事制限は禁物

大量の汗をかくホットヨガでは、食事を過度に制限してしまうと体調を崩してしまうことがあります。万が一そうなってしまったら、ホットヨガ自体が楽しくなくなってしまうことにつながり、続かなくなってしまいます。

食事はバランスよく、ダイエットの効果が期待できる食材を積極的に取り入れ、食事の時間や内容に気を使っていけば、つらい食事制限は必要ありません。